ガンガンコミックス<br> 天賀井さんは案外ふつう 2巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

ガンガンコミックス
天賀井さんは案外ふつう 2巻

  • ISBN:9784757550131

ファイル: /

内容説明

【「絶園のテンペスト」城平京と「スパイラル ~推理の絆~」水野英多、少年ガンガン最強コンビ新境地第2巻!!】
魔物の骨を宿し化け物の形見を守護する女子高生・天賀井悠子、八年間謎の昏睡状態にあった実年齢二十六歳の男子高生・真木正輝、そして監禁中の座敷牢から事件を推理するロボ兄・天賀井武流。化け物の遺物がご利益を生むという伝承が残る常井市。三人は十年前にこの地で起きた撲殺事件の真相究明のため、推理を重ねていく。「スパイラル ~推理の絆~」城平京×水野英多、少年ガンガン最強コンビ新境地! 日常系伝奇コメディ第二巻!!
(C)2016 Kyo Shirodaira (C)2016 Eita Mizuno

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

37
安楽椅子探偵ならぬ座敷牢探偵!?しかも証拠とかないけど当たってるっぽい…次巻でほぼ全て明らかに、ってことはあと2巻くらいかな?2016/07/18

ぴよの助

32
真木くんの両親がおかしすぎる!!!やっぱり普通に面白くて次がとっても気になる!周りが天賀井さんと真木くんをくっつけようとしてる空気がまたなんとも。本人達にその気はないけどによによしちゃう2016/06/23

ホシナーたかはし

30
推理と言うか屁理屈と言うか、漫画なのに「読む・考える」ところが多くなりすぎて、ミステリというより哲学や考え方の問題になっています。上尾さんの崩れた顔や桃坂先輩の顔が好き。2016/06/25

紫光日

24
1年生部員が加わり、タタイタタイとバランバランの謎について調べ始める。 それにしても真木君の両親は、天賀井さんの翼竜の骨を見て驚かないのはやっぱり両親の神経が普通の人とずれているなと感じた。 真木君の家族も天賀井家に負けず、劣らず普通じゃない。2016/06/26

烟々羅

16
読まなくても苦にならない連載が多くなり、鈍器と揶揄される重さの「月刊少年ガンガン」の購入を見送ることにしてほぼ半年。小説媒体では寡作すぎる城平京氏だけは追いかけておきたいと二巻のみ新刊で購入。そうか、今回のテーマはコメディだったのか(原作者あとがきより)  城平作品の魅力、その理屈っぽさと情感について語りだせばきりはないのだが、同時に毎回おなじこと書いている気もするから省略。ひとつ読んで好きだと思えたひとは全て気に入るし飽きない。飽きるひとは初めから受け入れない。そういう癖のある作風だ2016/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10989760

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。