ガンガンコミックス<br> 天賀井さんは案外ふつう 1巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ガンガンコミックス
天賀井さんは案外ふつう 1巻

  • ISBN:9784757548589

ファイル: /

内容説明

【「スパイラル ~推理の絆~」の城平京×水野英多、待望の最新作!!】
「私が転校することになったのは…えっと実家で兄が座敷牢に入っているからです」。かつて二匹の化け物が住んでいた伝説が残る常伊市。天賀井悠子が転校してきた理由は、今も座敷牢に入る兄のため十年前に起きた撲殺事件の真相を究明するためだった。事件には二匹の化け物の遺物が関与しており、思いもがけぬ偶然から真木正輝という少年の協力を得ることになった。
(C)2016 Kyo Shirodaira (C)2016 Eita Mizuno

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

52
『スパイラル』コンビの新刊!やっぱり城平さんのストーリーは水野絵じゃないとな、と。/「日常伝奇コメディ」らしいのでミスリードがあっても予想外すぎる方向w2016/02/13

ぴよの助

45
ジャンル不明だけど面白い!このタッグをまた読めて嬉しい!今は謎ばかりだけど続き気になるー!真木くん本当に図太いね!こういうキャラ好きだよ!天賀井さんも好きだわ。2016/01/23

カッコー

32
スパイラルが好きでこのコンビの作品が読みたくてたまらなかった。 読み進めていくうちにどんどん謎が増えていき、ふつうじゃなくなっていく。面白さとミステリーとちょっと恐怖が混ざる不思議な魅力に溢れている。真木君の冷静さと天賀井さんの天然さのバランスも良い。2016/03/21

紫光日

32
城平先生の最新作で、正輝が何故、年を取らないのか?そして、浦島太郎と正輝の関係性とは?今後に期待です。2016/01/30

ホシナーたかはし

28
改めて感想、まったりゆる~い?推理物。郷土史・民俗学と言えば、遠野地方・宮沢賢治や小泉八雲が有名ですが、自分も含め皆さんの棲んでいる所には、少なくとも2、3は妙な逸話が残っているはず。そんな事を思い出させる物語。悠子の骨格の出し方がエロいのでfigma化熱望。(性格も容姿もある意味)良い男子と女子がいて恋愛要素が少ないのはどうかと。思いを寄せて通じず悲恋になるならまだしも、腐った方向へ向かうなら考え物。村長の「鶴翼の陣をしけっ」とえりかさんの「かっこういいでしょ」が本巻で一番好き。2016/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10123053

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。