文春文庫<br> 人生エロエロ

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
人生エロエロ

  • 著者名:みうらじゅん
  • 価格 ¥763(本体¥694)
  • 文藝春秋(2016/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167906450

ファイル: /

内容説明

初めてコンドームを買ってじっくり観察したあの日、大量のエロ本を抱えたまま交通事故に遭った恐怖、70万円もするラブドールを購入して居酒屋に同伴……。“人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた”のフレーズでおなじみ、グッときてプッと笑える「週刊文春」の人気連載を文庫化。
「男ってバカねえ?」と女性にも大好評、思わず吹き出すエロエロエッセイ80連発!阿川佐和子さんとのスペシャル対談も収録!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

217
著者の随想って感じ。エロそうな話しから著者の知識の深さを読み取ることが出来る。2016/06/30

starbro

166
タイトルに魅かれて、読みました。まともにみうらじゅんの著作を読んだのは初めてです。当然ながら島倉千代子の人生いろいろ(えろえろ)がBGMとして脳内に流れながら一気読みです。本作は、人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた著者がエロを真面目に考察するので面白いですが、残念ながら欲情出来ませんでした(笑)巻末の阿川佐和子との対談もGOODです!次作の「されど人生エロエロ」を読むかどうかは微妙です。また女性には本書をオススメしません。【読メエロ部】2016/07/22

じいじ

95
リオ五輪も開幕、寝不足と暑さに侵された頭には恰好だろうと選択した本。「たかがエロ、だけど大好き」とエロ礼賛で始まる80篇のエッセイ。決してエログロでないのがいいですね。比喩も著者の実体験?なのか味わいがあります。途中、すっかり忘れていた昔の失敗を思い出した。ドイツ出張の帰りポルノ・ビディオを3本購入、成田も無事通関。(妻にこっそり)期待を胸にセットすると、画面は砂嵐のザァー。VHSに2方式あることを知りました。(笑)車中では読めないが(口がほころんでしまうので)、疲れを癒す気分転換にはお薦めの一冊かと…。2016/08/09

しいたけ

89
もう、爆笑につぐ爆笑です。私にとってはグフフと飲み込む笑いではなく、「イヤ〜だ〜、もう!」と発散する笑いでした。抜き書きしたいとこだらけで、でも完全アウトな言葉もあるし、結局読んでみてとしか言えません。ただ、時折「なんで私こんなの読んでるんだろ?」と我にかえる瞬間があり、自分の行き先に一抹の不安を覚えたことを付け加えておきます。『自分なくしの旅』というフレーズがあとがきの阿川佐和子さんとの対談で使われていて、「コレだ!」と思いました。この歳で自分を無くしてみるのも面白いかも。2016/07/24

優希

74
みうらじゅんのエロに対する想いを語っています。「人生の2分の3はやらしいことを考えているのが面白いです。男って似たようなことを考えているのでしょうか。エロでも不快を感じないのは、本人のユーモアだと思います。2019/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10909141

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。