僕たちがやりました(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥621
  • Kinoppy
  • Reader

僕たちがやりました(5)

  • ISBN:9784063827996

ファイル: /

内容説明

罪に向き合えない若人たちの青春模索録。多数の死傷者を出した矢波高爆破事件の容疑者として、逃亡を続けているトビオたち。しかし、パイセンそっくりの「真犯人」が出頭したことによって、警察の捜査が打ち切りになることが決まりました。その事実を知らず、思い思いの逃亡生活を送る彼らをよそに、ついにパイセンが釈放されて……!? 既刊続々重版の大問題作! 右往左往、大驚失色、懊悩煩悶の第5巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りー

17
なんだよこれすげーオモシレーじゃねーか2016/09/23

カラシニコフ

16
パイセンの秘密告白はいつも好き。キノコの下衆っぷりも好き好き大好き超愛してる(笑) ★★★★☆2016/07/10

sskitto0504

16
真相はやっぱりか…パイセンの家庭事情もすげえな。キノコのメンタルすげえなぁ。ラスト、どうなんの?2016/07/08

yun

15
とにかく続きが気になる。最後、「え?」って感じで次巻へ。(なんで全巻まとめて買わなかった自分...。←反省)2017/07/30

G

14
真犯人出頭でパイセン釈放。束の間の安堵感を得る、トビオたち。しかしパイセンの大暴露で、彼らは再び罪の意識に苛まれる。必死に罪悪感から逃れ、日常に戻ろうとするトビオだが、その重圧から、ある決断をする。しかしパイセンの親父って、どれだけ金持ちなんだよ! 警察動かしちゃうって…。そりゃ人殺してんだから、後悔が一生続くなんて当たり前じゃん。不純過ぎる話だ。2016/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10974610

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。