徳間文庫<br> 史記(3)独裁の虚実

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,257
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
史記(3)独裁の虚実

  • 著者名:司馬遷【著】/丸山松幸【訳】/守屋洋【訳】
  • 価格 ¥1,257(本体¥1,143)
  • 徳間書店(2016/03発売)
  • 深まる秋!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/25)
  • ポイント 275pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【ご購入の前に】本電子書籍は固定レイアウト版です。文字の検索はできません。あらかじめご了承ください。
動乱の戦国時代に決着をつけ、初の統一帝国を築き上げた秦王政(のちの始皇帝)。十三歳で王位につき、二十歳になるやわずか十年の間に天下統一を果たす。その数奇な出生の秘密から秦帝国滅亡まで、独裁の虚実を鮮やかに示した激動の五十年余。

目次

1 皇帝への道(出生の秘密―始皇帝と呂不韋(1) 「父」との争い―始皇帝と呂不韋(2) ほか)
2 絶対者の光と影(新しい支配の形―皇帝と帝国;人間を超えるもの―方士と封禅)
3 絶対者の死と後継(死の到来;遺体に群がる野心―趙高と李斯;陰謀の渦の中で―蒙恬と扶蘇)
4 崩壊への過程(迷走する二世皇帝―胡亥;功臣の没落―李斯;滅亡へ、滅亡へ―子嬰の悲劇)
5 反逆者たち(反逆の原点―陳勝、呉広;罪人あがり―黥布 ほか)