氷の上のプリンセス 波乱の全日本ジュニア

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

氷の上のプリンセス 波乱の全日本ジュニア

  • ISBN:9784062854900

ファイル: /

内容説明

全日本ジュニア選手権初日。かすみはショートプログラムで、頭が真っ白になって失敗してしまう。原因は、試合がはじまる前にかすみが瀬賀冬樹に『お守りペンダント』のことを話したことで、冬樹の演技がボロボロになってしまったことにあった。そのペンダントは、冬樹が7年前に亡くなった姉の花音さんにあげたものだったのだ。自分を責めるかすみの前に花音さんがあらわれ、「わたしの言葉を冬樹に伝えて。」という――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひめありす@灯れ松明の火

29
フィギュアスケートもGPシリーズ前の前哨戦が始まってきました。それぞれの戦いを今は随分見られるので嬉しいです。全日本ジュニアは波乱の幕開け。でもそんな酷い事にならなくて一安心。試練の度、滑る度少しずつかすみちゃんの表情が凛々しいものになってきて、その成長の惚れ惚れとしてしまいます。ジゼルさんこと花音さんの秘密。どうしてフィギュアスケートの衣装を着てバレエシューズを履いているのか。その秘密も明らかになりひとまず大団円。次からはジュニアに本格参戦かな。氷上に咲き初める春の花の様なプリンセスにいつかなれます様に2017/10/09

sawa@てゃん໒꒱· ゚

5
ほんとに「波乱」でした。一気読みしちゃった・・・2016/08/03

kanakokamodamon

2
かすみの前に現れたジゼルさん。なぜ、かすみにだけ見えるのか。そして、なぜ瀬賀くんに見えないかが明らかになります。かすみを通じて、ジゼルさんが瀬賀くんへの想いを伝えるシーンに胸が熱くなりました。かすみもまた、自分を見守ってくれている存在に気付きます。「自分のことよりも、だれかを大事にしたい、どんなことをしてもその人を助けたいって思えたとき――きっと人は強くなれるんだ」と思う、かすみ。最高にかっこいいです。かすみと共に、読者も成長できる作品だと思います。

道錬

1
専門用語がかなりたくさん出てきた。意味が分かればさらに楽しめる気がする。2017/04/29

カヤ

1
第1部完。4巻読んてないけどキレイにおさまってほっとした。2016/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9691957

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。