氷の上のプリンセス こわれたペンダント

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

氷の上のプリンセス こわれたペンダント

  • ISBN:9784062854696

ファイル: /

内容説明

全日本ジュニア選手権まで2週間をきり、プログラムの練習に熱がはいる春野かすみ。ところが、ママが盲腸で入院してしまい、1週間ばかり瀬賀冬樹の家に泊めてもらうことに。ふだんとちがう環境で、スケートに集中できないかすみだったが、さらに冬樹が足をケガしていることに気づいてしまう。練習を休むようすすめるかすみに対し、冬樹は「親には絶対いえない。」と半泣きになり、亡くなったお姉さんのことを話しはじめた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひめありす@灯れ松明の火

31
ジゼルにシェヘラザード、カルメン。恋は魔術師にシング・シング・シングとバレエやオペラ、ジャズのどこを取っても知っている音楽ばかりなので読んでる間中同じ気持ちで読めるのが何となく嬉しい。子ども向けにも配慮かな。お母さんの事、花音さんの事、瀬賀君の事、まだ小学生の胸のうちに収めるには大変なのに、それでも「自分を信じて」と切り替えて頑張ろうとする姿が愛しい。なのに、折角の晴れ舞台で思うような演技が出来ず、しかもお守りもなくしてしまって、あああああっ……という気持ちでいっぱいです。頑張れ、かすみちゃん立て直せ―!2017/09/17

sawa@てゃん໒꒱· ゚

5
「続く」形式・・・次の巻が気になります!2016/08/03

はるちゃん

1
~こわれたペンダント 氷の上のプリンセス(講談社青い鳥文庫)~ ペンダントを通して2人がつながっていくのが分かった。ハラハラする場面がたくさんあった。2019/05/13

道錬

1
表現のスポーツって、確かにちょっとした動揺が大きなミスにつながることがあると思いながら読んだ。2017/02/02

minono

0
クリスタルエッジと引き比べ。リンリンと葵くん!2018/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9160569

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。