ボールルームへようこそ(8)

個数:1
紙書籍版価格 ¥517
  • Kinoppy
  • Reader

ボールルームへようこそ(8)

  • 著者名:竹内友【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2015/11発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063714685

ファイル: /

内容説明

多々良(たたら)と千夏(ちなつ)は師であるマリサに誘われ軽井沢での合同練習に参加。だが、二人の関係は悪化の一途を辿る。そんな多々良の不安を余所に、合宿明けにはマリサから「優勝」を義務付けられている都民大会A級戦が幕を上げる!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くりり

73
臆病者の多々良は千夏に振り回されるけど、パートナーに相応しい男になりたい。そして四本足に...最悪の二人は衝突するほど最強の二人になる。2015/10/22

wata

65
パートナーなのに上手く噛み合わない二人。激しい「じゃじゃ馬」を操れるとき、どんな最強のダンスが踊れる?!2015/11/03

Susumu Miki(Dik-dik)

57
前巻で「このままじゃダメ」というところからの王道展開。喧嘩と議論は似て非なるもの。多々良と千夏が向かい合っている表紙は本巻の内容に合っていると思う。すごく続きが読みたいが、次巻は来年夏予定とのこと…。2015/10/28

ちゃりんこママ

55
うぁあ、巻の最後の方、ゾクゾクした。この作品、本当にダンスのように緩急の取り方が絶妙でアニメ―ション観てるようです。身体の伸びや緊張感を指先まで描く…わざとらしさや厭らしさが無く色っぽい♪巻を追うごとに良くなりますね。2015/10/28

どんぶり

53
なんだか久しぶりなボールルーム(略)!相変わらずの肉体描写の素晴らしさにうっとり。ちょっとした線を書き加えるだけで筋肉の流れがわかるんですよね〜。凄い。多々良とちーちゃんは相変わらずだけど、きちんと自分達の思いや考えをぶつけ合えるようになったのは大きな成長ですね。遠慮し合わない関係というのは、お互いの思いが通じるまでは辛いけど、その後のことを考えたらやっぱり必要なことですよね。多々良にはこの調子で、じゃじゃ馬を上手く乗りこなす…でもないけど、ぶつかり合いながら成長していってほしいと思います。続きが楽しみ!2015/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9787413

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。