ケータイ小説文庫<br> カラダ探し~第二夜~  下

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

ケータイ小説文庫
カラダ探し~第二夜~ 下

  • 著者名:ウェルザード
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • スターツ出版(2015/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784883818167

ファイル: /

内容説明

赤い人を見たらふりかえってはいけない。学校にまつわる赤い人の噂。呪いを解くべく、赤い人が住んでいた家に足を踏み入れた美雪達が目にした幻には、悲しい真実が隠されていた。さらに、変化する「昨日」で美雪達は大切な人を失い、絶望に打ちひしがれる。ヒビ割れた世界の中で、果たして呪いは本当に解けるのか!? 『カラダ探し』待望の第二弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

幻影

3
カラダ探しのルーツが徐々に解明されていきます。 展開もスピーディで良かったが、美子と美紀の因縁の様なものが個人的には消化不良で、結末もなんとも微妙な感じで興ざめ。続編も読む予定ですが、続編はどうやらカラダ探しのルールなどが変更されそうなのであまり期待ができません。 にしても学校どんだけ広いんだよ。2019/02/01

かず

2
あれは呪いを解いたことになるのか?!解いてよかったのか…この次の作品があることを知っていたので、何かあるとは思っていたがなんだかスッキリしない(汗)次の作品でどのような展開になるか楽しみにします。2015/03/30

うにねこ

1
続編の下巻。 ただ「カラダ探しを終わらせる」ではなく、新たな「カラダ探しの終了」を模索するメンバー。 「カラダ探し」を邪魔する人物の心情は『自分だったら…』と思えば、少し(少々やり過ぎかな…)共感出来る部分はありました。ラストは正直「そう来たか…」とは思ってしまいましたが、作家さんもあえてのこの終わり方(最初のラストを思えば)を選んだのだと考えれば、次巻にも期待できるかなぁ~と思います。やはり、気になっている部分は残っていますし、「最終夜」まで「カラダ探し」の真の結末を読み届けたいと思います!(・v・)ゞ2018/01/23

kamo

1
呪いのループの次は新しい呪いの誕生… やはりラスボスは死産したもう一人の妹(弟)かな? 2016/06/04

1
第二夜はあんまり怖くなかったな〜。呪いを解く方法を探してた感じ。最後の方は第三夜へ…みたいな感じで終わってたけど次の話は怖かったらどうしよう(>_<) でもあと2個だしきっと読むんだろうな(笑)2015/06/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7982630

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。