宝石の国(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

宝石の国(2)

  • 著者名:市川春子【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 講談社(2014/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063879506

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2022/6/22~2022/7/7】
「この星には、かつて“にんげん”という動物がいたという」 宝石のカラダを持つ28人と、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人(つきじん)との果て無き戦いが続いていた。ダメ宝石のフォスは、戦いの最中出会った貝の王に誘われ海の底へ。そこで王の種族に伝わる、この世界の成り立ちを知らされるフォス、その刹那、フォスは月人からの攻撃を受け、捕らわれの身になってしまう。貝の王の真意は一体――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

英知@マンガ専用

129
(友)ナメクジw面白すぎ!ていうか本当の姿めっちゃ美人!でもフォスと王せっかく仲良くなれたのに、こんな展開悲しすぎる!フォスは優しいんだね。月人、宝石たち、そして王の種族であるアドミラビリスの関係も少し見えてきました。魂、骨、肉とはね・・・思わず、なるほど!と思ってしまった!やっぱり“にんげん”が鍵なのかな。フォスが戦いたい理由が、先生のためだというのが良かった!みんな先生好きなんだね。新しい脚になったフォスですが、また新たな敵でハラハラ!この月人ってエヴァの使徒を思い起こさせますね;存在がもう不気味!2016/03/21

歩月るな

98
登場人物紹介、そうかこう言うの付いたか! かわいい。モルガナイトの〈ピンクだけどやんちゃ〉にくすり。「今なら愛くるしいガイド付き」「職を失ったショックで聞こえなかった」と痛快なセリフ回しも健在。確かに愛くるしい、とか思ってたら、やられた。「王」「おう」前巻もやられたけどなんということだ……。「変に可能性を感じさせてやっかいよのう」とか。ううん、可能性感じちゃうわフォス。あと今回はルチルさんかわいい。色々面白いけど、その先については黙しておいて続きを楽しみに。しかし、とんでもないとこで終りやがったぞ……ひぃ2014/02/13

眠る山猫屋

75
海の底での友情と裏切り。ナイスキャラだった海牛(笑)の王様も去ってしまった。この作者さん、去り際の余韻が後引くわぁ。あっさりしているのに、無言の眼差しが雄弁に語るというか・・・。さてさて、快速乗車券を手に入れたフォスの活躍が始まりそうなので、三巻買いにいかなくちゃ。2014/09/06

naji

73
フォスがパワーアップして、いよいよ実戦か!?あと、王の再登場はあるのかなぁ~。2014/02/13

いおむ

66
独特の世界観。にんげんという存在が消えた遥か未来の雰囲気が最高に素敵。惜しむらくは巻頭のキャラ表を見ながらでもキャラ達の見分けがあまりはっきりとつかないこと。でも魅力的であることに変わりなく、笑ったり落ち込んだりの感情移入はしっかりできる。3巻も読みます!2019/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7848320

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。