ルルル文庫<br> 花姫恋芝居2 ~白蛇に届け恋の笛~

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader

ルルル文庫
花姫恋芝居2 ~白蛇に届け恋の笛~

  • ISBN:9784094521436

ファイル: /

内容説明

運命の恋を見つけ、許婚の碧天に相応しい姫になるため、再び「世直し」の旅に出た香琴。向かったのは、妖怪が出ると噂の宋国。早速、妖怪退治に乗り出すが!? 一方、碧天と再会した香琴は、初めての恋に戸惑い…?

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

deltazulu

1
ああ、もうふたりっきりになったときのドキドキ感がたまらない。恋だね!こうなったら男も女もないよなあ。初々しいふたりを見守りたくなる。相変わらず猪突猛進に世直ししようとするお姫様だけど、ただ感情的に動くのではなく、自分の出来ることをと考えるようになったあたり、成長が見えました。次は右腕対決かしら?すっごい楽しみ。2010/01/01

眞墨

0
うん、やっぱり時代劇口調も可愛い。ヒーローでれでれしすぎだよって、こっちが恥ずかしくなる時が…(笑)2016/05/28

ばにー

0
【2巻】2巻目になって香琴の大げさな言い回しが少し落ち着いたのか、慣れたのか、スルースキルが発動したのか…テンポ良く読めた。主役カップル急接近の巻だけど、私が気になるのは央良。彼の活躍が楽しみでならない。2014/08/03

nanamon

0
 2014/04/09

ぱん

0
香琴が、初々しいけれど、しっかり言葉に漏れまくっているところがツボ。 それもなく ただ純情&世間ずれしてる展開だったら 読む楽しみはないくらい… 2012/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576617

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。