角川ホラー文庫<br> 大年神が彷徨う島 探偵・朱雀十五の事件簿5

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

角川ホラー文庫
大年神が彷徨う島 探偵・朱雀十五の事件簿5

  • 著者名:藤木稟【著者】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • KADOKAWA(2014/10発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041019719

ファイル: /

内容説明

絶海の孤島・鬼界ガ島で神意に背きし者、ある時は蒼白く光り続ける死体となり、ある時は業火に包まれ死体となる。大年神の像が動きまわり、死体はさらに増えていく……。これは呪いか、神罰か? シリーズ第5弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuna Ioki☆

50
1526-222-53 ☆メイ探偵祭№9☆ 朱雀十五シリーズ第五弾。相変わらず朱雀が後半にしか出てこない(笑)律子をストーリーテラーにし、事件の全貌があらかた出揃った時点で朱雀登場(笑)田舎の閉鎖された地区でしかも閉鎖された社会での閉塞感が漂うミステリ。2016/06/29

カナン

27
古い因習に支配された謎めいた儀式の島…はミステリの王道だとして。フルコースを更に大盛りで!のような、これでもかというほどに過剰装飾された前作までの文章が、まるで軽食レベルと云っていい程にまですっきりしていて、そっちの方に驚き。前作が重すぎただけだろうか。事件は次々起こるのですが烏合の衆が騒ぎ立てて右往左往しているだけなので、律子には申し訳ないが後半で朱雀が現れた時には安堵の溜息が。毎回こんなとこまで京極堂に似なくていいのに。でもこういうド派手な舞台装置も、それを玩具のようにして笑っている朱雀も好きです。2014/10/28

和夜

21
孤島で起こった怪奇連続殺人。他の方も書いているように藤木先生の中では割と読みやすい巻なのかも。動機やトリックは置いといて、犯人はなんとなく察せた。結末は悲しかったけど最後の御剣さんは正直なくても良かった気がする。後付け感がなんとも…。祟りも怖いけど人の執念も怖いですね。朱雀シリーズはこれで最後なのかな?朱雀が盲目になった原因とか知りたかったなー。せっかく最後なら名前だけでなく柏木君も登場してくれると嬉しかったです。2018/10/26

らぐ

15
いやぁ、面白かった〜。島という閉鎖的な空間で起きた連続殺人事件。閉鎖的だからこそうまれてきた宗教。憑き物系で最後まで独特の雰囲気でした。朱雀十五シリーズは朱雀さんが登場してからかなり盛り上がり一気にページをめくる手が止まらなくなります。律子も今回はいい感じでした。2014/12/06

マカ

12
朱雀十五シリーズ第5弾。閉ざされた島とか村とか閉鎖的な環境がそんな風習を生むのか、はたまた風習のせいで徐々にそうなってしまうのか。こういう設定はよくあるものだけど、何にしても1番怖いのはやっぱり人だよなと思わせる。しかし律子や、何故自分から危ない目に遭いに行くんだ。今回も彼女の行動はヒヤヒヤものだったよ。刊行作はこれで全部読み終わったけど、朱雀シリーズはこれで終わりなのだろうか?2017/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8468825

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。