角川ホラー文庫<br> 黄泉津比良坂、血祭りの館 探偵・朱雀十五の事件簿3

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader

角川ホラー文庫
黄泉津比良坂、血祭りの館 探偵・朱雀十五の事件簿3

  • 著者名:藤木稟
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • KADOKAWA(2014/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041009741

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

五百年の歴史を持つ十津川村随一の名家・天主家。寂しい山中の閉ざされた館で血族婚を繰り返す一族は、巨万の富を争い次第に狂気に蝕まれていく。奇怪な洋館で起こる猟奇殺人の数々とは。シリーズ第3弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuna Ioki☆

49
1524-220-51 ☆メイ探偵祭№7☆ 朱雀十五シリーズ第三弾。今回は過去のストーリー。エピソード0的な内容。土地の名士の館で起こった殺人事件。一冊完結ではないようで一冊まるごとながーいながーいプロローグだった模様(笑)どうりですっきりしないはずだ(¯―¯٥)続き読まなきゃ。。。2016/06/27

カナン

44
事件簿3、と書かれているものの実際の内容は「朱雀十五の為の超絶長いレッドカーペット」。此処まで書いて序幕かよ! と突っ込み入れたくなるのは自分だけではないはず。極彩色で描かれた耽美的で退廃的で背徳的で清々しい程悪趣味で、外連味までべったりと滲み込んだ正しく血染めのプレリュード。文字だけでこんなに視覚的にちかちかするのか…と感心する程に装飾過多な文章は咀嚼して飲み込むコツを掴むまでに結構苦労しますが、慣れてしまえばあとは何処までも執拗く諄い絢爛豪華な藤木稟ワールドを味わえます。そういうのがお好きな人向け。2013/12/29

和夜

27
前とは違った雰囲気。こちらの方が好みかも。でもエグさはこっちの方が抜きんでてる感じ。1冊丸々使ってプロローグとは…騙されました。最後まで読んで『え…解決してないじゃん。どっか読み落としあった?』ともう一回読み直して最後の「続編・黄泉津比良坂、暗夜行路へ」に気付きました。続編あるんかい!でもこの巻本当に恐怖と不気味さしか感じなくて、夜読んでいて少し怖かったです。特にロシアンルーレットの件。他のところと比べて懇切丁寧な説明があったわけではないのに何故か私はここが一番不気味でした。忘れないうちに次巻行こう。2018/01/29

マカ

14
朱雀十五シリーズ第3弾。まさかこの分厚さで序章だったとは・・・事件編って感じで続くってなったからマジか~って思ったよ。しかもまた朱雀全然出てこないと思ってたけど、途中からあれ?もしやこやつが?と。けど確証が持てなかったからモヤモヤしながら読んでた(笑)ラストで正体判明でスッキリしたけど、事件は勿論解決してないからやっぱりモヤモヤ。早く続き読まないとこの複雑な内容忘れそうだからすぐ読む!!2017/05/02

Yuki

11
長い前振りが終わりました。豪華で壮麗な館なのは分かったんですが、中々頭の中にイメージ出来なくて、すごく時間かかって読みました。まぁさらっと流して読めば良かったんでしょうが。続いて下巻に行きたいと思います。2016/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7147353

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。