講談社ラノベ文庫<br> 彼女がフラグをおられたら(10) この船旅が終わったら、私、お姫様になるの

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

講談社ラノベ文庫
彼女がフラグをおられたら(10) この船旅が終わったら、私、お姫様になるの

  • ISBN:9784063753905

ファイル: /

内容説明

世界の存亡を懸けた《天使》との戦いに勝利し、旗立颯太は《現実世界》に帰還した。クエスト寮での記憶を携え、舞い戻った世界でも旗ヶ谷学園に入学し茜や菊乃や恵達と再び同じクラスになった颯太に、突然『ブレードフィールド公国』から招請が届く! 彼の地で再会した菜波、行方不明の幼馴染みに生き写しの少女・眞奈花との出会いが、颯太にもたらす運命とは? そしてフラグ可視操作能力を喪った颯太はどう戦いぬくのか!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

38
仮想世界から現実世界に戻り、事故で行方不明の幼馴染に苦悩しながらも、元の生活を取り戻そうとする颯太が再び旗ヶ谷学園に入学する第二部開始。登場する人物が変わっていたり、茜と婚約者関係になったりと、仮想世界と似たようでいろいろ違う学園生活が非常に興味深かったですが、世界が変わってやり直すことになっても物語としては同じような方向に向かっていくわけですか。再構築された茜や菜波との関係、幼馴染そっくりの眞奈花の存在も曰くありげで、いきなり孤立無援状態に陥った颯太がどうやって巻き返していくか、今後に期待ということで。2014/11/10

まりも

29
第二部開始の現実世界編。まさか幼馴染がいるとは思いませんでしたが冒頭からのクエスト寮生たちとの再会は第一部と同じような展開でありながら一部とは違った要素も見られるので懐かしいような新鮮なような不思議な気持ちになりました。どんどん追い込まれる颯太ですが逆転フラグは立つのか。まだ登場してない凛君を始めとしたメンバーはどう絡んでいくのかそこも含めて楽しみに待ってます。2014/07/07

牧神の午後

24
アニメオリジナルかと思っていた菜波との姉弟設定が確定。一方で仮想世界での出来事を当然覚えていないヒロインズ(一部漢らしい友人?を含み、外見幼女は除く)。主人公の記憶にのみ存在する想い出が、デジャビュのように繰り返されるエピソードに感涙してたら、ラスト一転ヘビィな展開。まったくなんでこうなったorz状態で、逆転フラグという天の声にのみ次巻への希望を感じる。いなくなった幼なじみとそっくりさんが鍵になるのか?あと今巻では出番のなかったヒロインズがどう絡むのかも気になる。本編描写にないカラーイラストが良い補完萌え2014/07/06

Yobata

24
仮想世界から脱出し現実世界の旗ヶ谷学園の優しい仲間の元に帰還した颯太だが、現実を思い出し幼馴染の少女の死の上に今があることに再び苦悩しながらも元の生活を取り戻そうとする。その中で菜波,両親のいるブレードフィールド公国へ招聘され、物語が再び動き出す…。第二部開演。現実世界の豪華客船事故以前から語られる第二部で幼馴染の巫女神愛菜も加わった一新された人間関係が駆け足で描かれチャート図書きながらじゃなきゃ仮想世界との違いに追いつけなかったわwそんな怒濤の過去展開から旗ヶ谷学園入学からリスタートする今回。→2014/07/01

ご主人様見習い

19
現実世界でも仮想世界で出会えた女の子と再開できるか心配だったけど半分くらいの女の子達とは出会い、仲良くなれたな。 早く全員と再会してほしい。主人公の幼馴染の生死も気になるし。 ゲームの2週目を見てる感じでまた仲良くなるまでの過程が楽しいな。 異世界が神界の他に冥界・天界とか数があって騎士団の将軍とか登場人物と世界が広がりすぎ。 次は12月と間が空くけど早く読みたいな。 もちろんおまけDVD付を予約。 2014/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8132416

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数16件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす