光文社文庫<br> シャーロック・ホームズ最後の挨拶

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • Kinoppy
  • Reader

光文社文庫
シャーロック・ホームズ最後の挨拶


ファイル: /

内容説明

血の入ったバケツ、黒焦げの骨……「ウィステリア荘」でホームズは『グロテスクなものから恐怖へは、ほんの一歩なんだよ』と言う。その他、ホームズが瀕死の床に伏せる「瀕死の探偵」など7編を収録。表題作「最後の挨拶」は、ホームズの隠退からかなりたった第一次世界大戦直前の話で、60代になった二人がふたたびイギリス国家のために活躍する。