アニメージュコミックスワイド版<br> 風の谷のナウシカ 〈3〉

個数:

アニメージュコミックスワイド版
風の谷のナウシカ 〈3〉

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年12月09日 16時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判
  • 商品コード 9784197755141
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

「火の7日間」とよばれる戦争によって、巨大文明が崩壊してから千年。荒れた大地に腐海という死の森が広がっていた。主人公・ナウシカのいる風の谷が、恐ろしい巨神兵を使い腐海を焼き払おうとするクシャナたちに侵略された。腐海の森と共に生きようとするナウシカと、腐海を焼き払おうとする人々。だが、その腐海には、秘密があって……。

月刊アニメージュに掲載された、映画『風の谷のナウシカ』の原作コミックス。
映画のもとになったストーリーは、このコミックスのおよそ2巻目まで。原作では、映画では語られなかったナウシカの活躍を知ることができます。宮崎駿が描く独特の世界が広がる、何度読んでも感動する超大作!

アニメージュコミックスワイド版(全7巻)
風の谷のナウシカ 〈1〉
風の谷のナウシカ 〈2〉
風の谷のナウシカ 〈3〉
風の谷のナウシカ 〈4〉
風の谷のナウシカ 〈5〉
風の谷のナウシカ 〈6〉
風の谷のナウシカ 〈7〉

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

本読みたぬき

139
骨肉相食む軍事国家トルメキアと、生物兵器を使う宗教国家ドルグ。どちらも私たちにどこか似ている。聖母の優しさと戦闘能力を兼ね備えたナウシカが作者(男性)からみた理想の女性なんだろうけど、クシャナ姐さんも映画よりずっとカッコいいっす。2021/02/25

ケイ

106
なんだかんだでクルトワがいい。演じるのは巳之助か。ほほぅ。少しボケた所はピッタリかも。どう読んでもナウシカが菊之助と重ならないが、菊之助が鳥みたいな馬に乗って駆けてるのは想像出来る。が、舞台でどうやって駆けるんだろうか。2019/10/01

Die-Go

66
ナウシカは望まない戦へと巻き込まれていく。その中で、戦争の無意味さ、過酷さを認識していく。映画では描かれていない物語。★★★★☆2020/07/27

おたま

57
第3巻からは完全にアニメから離れて独自の世界を描き始めます。中心となるのは、クシャナの率いるトルメキア軍と土鬼(ドルク)諸侯国軍との戦闘の進みゆき。そこに「森の人」と呼ばれる、腐海に住む人々が絡んでくる。クシャナが非常に魅力的に描かれているし、土鬼も決して一枚岩ではなく、多層的な人々がいる。そうした人々の絡み合いの中で、次第にナウシカの独自の存在が浮き彫りになってくる。ナウシカはトルメキアの人々にも、土鬼の人々にも、さらに蟲たちにも心を通わせる。あらゆる戦闘や対立の渦中にあっても、それを越えようとする。2020/08/06

ゆみきーにゃ

48
《職場》カイがぁー(;_;)戦闘シーンの描写がとにかくすごい。どんな展開になっていくのか楽しみ。2017/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/577332

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。