光文社文庫<br> 巫女の館の密室~美少女代理探偵の事件簿~

個数:1
紙書籍版価格
¥942
  • 電子書籍
  • Reader

光文社文庫
巫女の館の密室~美少女代理探偵の事件簿~

  • 著者名:愛川晶【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 光文社(2024/05発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334737252

ファイル: /

内容説明

美少女探偵・根津愛(ねつあい)が、刑事・桐野と訪れた奥会津の秘境にある友人の別荘。そこには、急斜面をくりぬいて作った奇妙な離れがあった。十年前、このコンクリートの箱のような建物で不可解な密室殺人事件が起きたという。犯人はどうやって脱出したのか? この謎が解けないうちに、突然愛が失踪! 愛を捜す桐野の前に新たな惨劇が……。「完璧な密室殺人」に挑む傑作本格推理!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

60
根津愛その3。過去の密室事件の謎が解けないうちに新たな事件が発生する。犯人もかわいそうっちゃかわいそうなんだけど・・・。2014/10/16

しろ

11
☆7 初めての密室トリック、完全無欠の密室という謳い文句のこの作品、派手さはなかったけどあながち間違っていなかった。こういうトリックはしっかりと記憶に残ると思うし、同じものを見たら一発で分かってしまうあたり、確かに初トリックなのだろう。事件概要に比べてだいぶ冗長だったけど、女子高生たちのキャラが救ってくれていて一気に読めた。美少女代理探偵は博識で洞察力や頭の回転も速い良い探偵だが、彼女だけに頼らずやるときはやる若い刑事のキリンさんがいい味出している。にしてもキリンさんは探偵の愛ちゃんにメロメロすぎ(笑)2013/03/02

ソラ

7
内容(「BOOK」データベースより) 美少女探偵・根津愛が、刑事・桐野と訪れた奥会津の秘境にある友人の別荘。そこには、急斜面をくりぬいて作った奇妙な離れがあった。十年前、このコンクリートの箱のような建物で不可解な密室殺人事件が起きたという。犯人はどうやって脱出したのか?この謎が解けないうちに、突然愛が失踪!愛を捜す桐野の前に新たな惨劇が…。 2009/05/27

y yoshi (イツモ ホンヲ ハナシマセンデシタ)

6
解説で篠田真由美さんが書いていたのだが、日本人作家が書いた女性探偵が少ない気がする。 思いつくのは根津愛・二階堂蘭子・空閑純・碓氷優佳・隻眼の少女の探偵・マスカレードシリーズの探偵だけでした。 他に思いつく方いらっしゃいますか?2018/11/18

ソラ

6
【読メ登録以前読了作品】 内容(「BOOK」データベースより) 美少女探偵・根津愛が、刑事・桐野と訪れた奥会津の秘境にある友人の別荘。そこには、急斜面をくりぬいて作った奇妙な離れがあった。十年前、このコンクリートの箱のような建物で不可解な密室殺人事件が起きたという。犯人はどうやって脱出したのか?この謎が解けないうちに、突然愛が失踪!愛を捜す桐野の前に新たな惨劇が…。 2007/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16096
  • ご注意事項