カッパ・ノベルス<br> 網にかかった悪夢~影の探偵と根津愛 四月~

個数:1
紙書籍版価格
¥880
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

カッパ・ノベルス
網にかかった悪夢~影の探偵と根津愛 四月~

  • 著者名:愛川晶【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 光文社(2024/05発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334074937

ファイル: /

内容説明

ぼくは十三歳。小さな町の中学校に通っている。一昨年、母さんが死んだ。友達はいない。作る気もない。だけど、恋をしてしまった。三つ年上の、とびきりの美少女に。ぼくの周囲では、陰惨な事件が次々に起こる。まず自宅で親友が殺され、中学校の校内では、さらに奇怪な殺人事件が。そしてぼくは、自分が恋している相手が、神のような推理力をもつ名探偵であることを知ったのだった――。鮮烈なる青春ミステリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

62
影の探偵と根津愛その1。愛がワトソン役になるための影の探偵の活躍は最後に。でも副題の4月はいる?。2014/10/28

ゴロ

2
予想は出来るように作られていたが、まさかそこで探偵となるとは。 シリーズとなるのであれば、こういう主人公は異色で面白いかもしれないと感じた。 伏線の回収、全体的にサイコなトリックは読んでて面白い。 理解できなかった点をあえてあげると、無抵抗の兎を面白半分で殺す彼に、愛があっさり傾倒してる点。2011/04/11

二分五厘

0
2002.12.31

kanamori

0
☆☆★2012/10/03

COLD SWEAT

0
犯人の設定はかなり特異だが、それ系の本を読んだことがあったので納得。伏線の回収も自然で、無理のない作品。2013/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490917
  • ご注意事項