プリンセス・コミックス<br> アナトミア―解剖してわかったことだが、人間は必ず死ぬようにできている― 3

個数:1
紙書籍版価格
¥693
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

プリンセス・コミックス
アナトミア―解剖してわかったことだが、人間は必ず死ぬようにできている― 3

  • 著者名:高城玲
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 秋田書店(2023/10発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253276283

ファイル: /

内容説明

15世紀末ミラノ公国。ルネサンス芸術が隆盛を誇る時代。血を見ることが苦手な理髪外科医のトトは、瀉血や焼灼などの治療方法ではなく、痛みの伴わない治療を望んでいた。そんな折、レニーこと画家のレオナルド・ダ・ヴィンチと出会い、医学書に疑問を持ち始める。レニーに才能を見いだされた彼は人体解剖の道に挑むことになる。そんなある時、理髪外科医のトトと、画家のレオナルド・ダ・ヴィンチに死体処理の命が下る。これはピンチか、それともチャンスか!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aisu

9
理髪師で外科医(当時はイコールでもあった。内科医は別にいて立場が上だった)と、かのレオナルド・ダ・ヴィンチが、死体解剖しまくって一緒に研究する話。外科医は体のことをもっと知って瀉血や切断ばかりの当時の処置をなんとかしたい、レオナルドは絵を描く参考に。マンガの絵があまり上手くないが一生懸命描かれているので、同人誌を生暖かく見守っているレベルだが、レオナルドはレオナルドらしくてクスッとなる。表紙はボッティチェリ。変人レオナルドの心配をしてくれる。2023/11/11

かなっち

4
舞台は15世紀末のミラノ公国で、人体解剖の道に挑む血を見ることが苦手な理髪外科医と画家のレオナルド・ダ・ヴィンチ青年2人の物語…第3巻。今巻でも前人未踏の事を成すのは、人から疎まれ多大なる苦労を強いられると実感しました。それでも前を向き、惜しまない彼らの努力と友情に胸が熱くなるのです。と同時に、今まで誰も知らなかった人体の真実が、徐々に明かされていく過程にワクワクもして。そんな中で完成した、『ウィトルウィウスの人体図』は圧巻でした。…この2人なら無敵だと思ったのに、予告編にある『必然の別離』って何ですか⁉2023/11/26

ミキ

1
人体と建築が結びついたのがすごい。2024/06/03

おかき

1
お嬢様まさかと思ってたけどやっぱりそうなのか〜〜切ないな。で、本筋はかなり突然巻きに入った気がする。しっかり取材してから描いてるんだろうなと感じられるいいまんがなので、作者さんの納得のいくところまで描ければいいのだけれど。2023/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21511441
  • ご注意事項