コロナ・コミックス<br> ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~@COMIC 第4巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

コロナ・コミックス
ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~@COMIC 第4巻

  • ISBN:9784866994499

ファイル: /

内容説明

シリーズ累計55万部突破!(紙+電子)
元ポンコツ姫が運命に抗う、歴史改変ファンタジー待望のコミック第4巻!!
原作9巻(1月8日)に続きシリーズ2か月連続刊行!
原作・餅月望先生による書き下ろしSS & 描き下ろし特別漫画をW収録!!


【あらすじ】

「わたくしのサンドイッチの話題は……?」
アベルのための弁当作りは苦労人キースウッドのおかげで何とか食べられるレベルの物が完成する。
迎えた剣術大会当日、今までの実力では絶対的に不利と思われていた兄との対決にアベルが勝利! 昼休みにはアベルにお弁当を渡せたのだが、なぜかそこに仇敵のシオンが来てしまい男同士の熱い会話により、お弁当の話題は吹っ飛んでしまう……。
そして注目のアベルとシオンの戦いを応援するミーアの前で一進一退の攻防を繰り広げる二人、果たして勝利の神はどちらに微笑む!?
身勝手なはずの行動が結果的に未来を大きく変えていくことになる元ポンコツ姫の運命に抗う、一世一代の歴史改変ファンタジー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたー

20
★★★★★今回は剣術大会と、原作1巻のクライマックスと言っても過言ではない、手作り弁当回を収録。漫画では原作よりもさらにコミカルに描かれており、なんとか食べられる形にまでもっていったキースウッドさんの努力の成果を感じられて非常に良かった。とまあ、本編の内容はいつも通り秀逸だったのだが、それ以外に特筆すべきは、新刊案内に写真が掲載されていたギロちんくんのマスコットキーホルダーだろうか。思った以上にゆるキャラ感が出ていて、ますます人気が出そう。2022/02/15

ℳℯ

4
★★★★★ 今回もミーア姫の顔芸そして周りの多大な勘違いに笑わされてばかりだった。結局馬パンになってしまうし、キースウッドは不憫だし、一方でアベルとシオンの闘いはよかった。ただ構図に違和感を覚えた。これじゃあミーアを取り合っているみたいじゃないか!!……え、あのポンコツ高飛車姫のどこがいいの?前世のぼっち体験もっとみたいなと思う一方でクロエとの意外な接点に驚き。そういえばクロエって本編でもあまり深く出てこないよな…。というか、え?ギロちんさんがグッズ化、だと…?2022/02/16

シルフィー

4
ちょっと待て、ギロチン君がグッズ化されるだと……?2022/02/15

らっこ

3
地下牢での甘い妄想会話を軽々と超えてくるアベルの魅力が光る4巻目。大会当日にいい雰囲気になればひっそり離れるアンヌとクロエがグッジョブ。一方四角くしろという指示さえ無視されるキースウッドは、気苦労抱えるほど魅力アップなの何とも言えない。またティオーナのドヤ顔とサムズアップは素敵でした。シオンとアベルの会話に対する正反対なミーアの表情変遷は好きな構図。書き下ろし小説は前時間軸の話で、そこでミーアの善性と勘違い展開は珍しい。なお本編中でもラフィーナと握手してたアイツがキーホルダーになってるのは草。2022/05/13

瑠希

2
コロコロよく動くミーアの表情は、漫画で見ると楽しさが倍増する。原作で好きだった「ミーアは同意/反対した」のあたりのシーンをコマで読めたのが嬉しかったな。/アベルの剣術は動きで見せようとすると魅せるのが難しいシーンだと思っていたのだが、格好良く表現されていて感心した。彼のそれは、そこに至る信念と努力は格好良いけど、気迫を上手く表現出来ないとダサいだけになっちゃう剣術だよね。勢いのある絵で満足感があった。2022/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19157314

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。