講談社ノベルス<br> ヴォイド・シェイパ The Void Shaper

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,155
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社ノベルス
ヴォイド・シェイパ The Void Shaper

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 講談社(2022/01発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065207345

ファイル: /

内容説明

紅の鞘に納められた細身の刃。ゼンは師から譲り受けたその剣だけを友に山を下り、旅に出る。師であるカシュウは死んだ。ゼンに旅立つよう言い残して。親も知らず、山奥で育てられた理由もわからない。だが山での生活は、ゼンを強く、賢くした。
 道を極めるためのあてどない修行の旅。剣を構え、しのぎを削り、出会いと別れを重ねながら、多くに気づき学び取るゼン。
 動的でありながら内省的な侍の成長を描く、傑作剣豪小説!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソラ

20
中公文庫から出ていたものも読んでいたけれどいつの間にか書店で新刊を見かけることもなくなっていたところでイラスト付きで再刊されてうれしい。世界観にとてもあってるイラストでとても良い。2021/02/27

みどり

7
昨日まで脳が足りないエロラノベを読んでいて 今日いきなりこれだと頭が疲れた。 が、何故森博嗣さんが、剣豪を描くのかは不明だけど、文章は森博嗣さんだった。 朴念仁から色男になっていくのだろうか?2021/02/08

お咲さん

6
亡くなった師の言葉に従い、師の愛刀を手に山を降りるゼン。親も知らず、この先になにをなすべきかもわからず旅を続けるゼン。出会いと別れ、生死を間近に感じた彼は己が取るべき道を見出していくーー森哲学がみっちり書き込まれた一冊。侍の生き様というよりも人の生き様を問う物語。ゼンの成長や気づきはそのまま読み手側の経験となっていくような一冊。これは読むべくして出会ったなとしか言いようがない。人間は生きているかぎり別人になれるという一文は今のワタシには電撃の如く痺れる名文だった。シリーズ追ってゼンを見届けたい。2021/05/03

ノベツ

6
森博嗣が時代物を?と吃驚。読んでみたら、本当に時代物だが、いつもの森博嗣でもあり、予想以上に面白かった。 とはいえ文化、風俗方面の描写は皆無。山本周五郎的なものを期待してはいけない。 長文感想⬇ https://note.com/nobetsu/n/n5872c8bc1d08 2021/05/03

かえ☆★★

4
買った本です。ずっと積んでたのでやっと読めた。SMやVシリーズとか違った雰囲気ではありますが、なんか、心にずさっと刺さる何かがあります。2022/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17223789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。