講談社ノベルス<br> ブラッド・スクーパ The Blood Scooper

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

講談社ノベルス
ブラッド・スクーパ The Blood Scooper

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 講談社(2022/01発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065207369

ファイル: /

内容説明

竹の中で育まれ、不老不死をもたらすと伝わる真珠にも似た秘宝「竹の石」。古来、天下人への献上品とされてきたが、一つだけ村の庄屋が秘匿していた。それは昔、万病に効く薬を探求していたゼンの師・カシュウが村を訪れた際、竹の中から
見つけたものだという。その存在が何故か漏れた。正体不明の賊が、強奪計画を立てていると知った庄屋の娘は、ゼンに警護をして欲しいと依頼する。折しも村は祭り。賊の来襲には、好機といえた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソラ

7
表紙のゼン、堂本光一にしか見えないのだが…(感想関係ない)2021/03/21

みどり

5
第2弾。やっぱり森博嗣だった。2021/03/26

かえ☆★★

2
買った本です。前巻から間があいてしまった。文章が作り出す世界観が、やっぱり好きだなぁ。と。2022/05/20

あおそら

2
竹の石をめぐるミステリー仕立ての2巻目。ああ、あいつだな、と犯人は早々に分かってニヤリ。分かってしまうと怪しさしか感じない。戦いのシーンは圧巻です。舞を観ている(読んでいる?)ような感じでホウっとため息。禅問答のようなやりとりにもため息が出ます。2022/03/20

ぽてと

2
1巻よりゼンの性格に親しみのようなものを感じました。戦う場面が、少しずつ緊張感が高まる感じがしたし、詩のようで綺麗でした。 ハヤとゼンの会話は、お互いに見えていない視点を補い合うようで、読んでいる側もハッとさせられることがあるように思えました。 2021/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17594240

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。