ハヤカワ文庫SF<br> 帝国という名の記憶 下

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,122
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫SF
帝国という名の記憶 下

  • ISBN:9784150123369

ファイル: /

内容説明

大使として、銀河を支配する帝国を訪れたマヒート。そこは策謀が渦巻く混沌の極みにあった。ヒューゴー賞に輝いたSF宮廷陰謀劇

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

宇宙猫

24
★★★★ 回りくどい文章に-で差し込まれる注釈、詩による表現など非常に読みにくい。英語だと綺麗な文章なのかな。皇帝の座をめぐる権力闘争とステーションの地位を守る策略に知識もなく巻き込まれた大使が決断し問題を解決していく様は面白かった。でも、最後のいちゃいちゃはいらなかったよ。D2021/11/15

fukumasagami

22
帝国に派遣されたルスエルステーションの大使マヒート。自国のステーションに帝国が進軍する最中、帝国にクーデターが勃発、知られざるエイリアンの脅威を切り札に失脚寸前の皇帝に交渉を挑む彼女。そしてー。2021/09/12

もち

22
「人間はあふれんばかりの美しさを手に入れられるということだ」◆腹を探り合いながらも、手を結んだ大使と葦と花弁。危機を脱する手段は、故郷からの解読できない手紙に秘されていた。大使は命すら天秤にかけ、帝国の論理を利用した、最後の謀略を仕掛ける――■オールタイムベスト級のSFサスペンスだ。個性塗れの曲者のコンゲーム、世界観を活かした解決が冴えるミステリ、妖しく揺れ動くバディもの、記憶が交錯する多重人格もの、無謀で一途で清冽な恋愛小説。それら全ての面白さを併せ持つ傑作。2021/08/21

鐵太郎

17
ようやく見えてきた陰謀の全貌。その焦点に立ってしまったマヒート・ドスマーレ。なんとか前大使イスカンダーのイマゴを手に入れることができたものの、そこで知ったイスカンダーと皇帝シックス・ダイレクション、皇帝の側近ナインティーン・アッズらとの関係は混乱を増すばかり。帝国の後継者に関わる陰謀が実力行使に発展する中で、皇帝が誰を後継者にしようとしていたのかがあらわになります。これは「サイティーン」世界みたいだ、と思ったら、作者はC・J・チェリイに影響を受けて書いたらしいとあとがきに。なるほど、これは面白いSFだ。2022/02/17

maja

15
銀河を支配する大帝国に新任大使として着任したマヒート。彼女は採鉱ステーションのなかでも最も大きくまだその影響を受けていないルスエルから帝国に急要請されて、通常のライブメモリーのプロセスも踏まないままに送り出されたのであった。辺境の地から憧れをも抱く成熟した独特の文化を持つ帝国へ。一枚岩ではない母星と帝国、ルスエルの機密であるイマゴを頼りに出来ず陰謀の渦中を手探りで立ち向かうマヒートの姿が面白く読めた。 2022/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18311010

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす