電撃の新文芸<br> Babel IV 言葉を乱せし旅の終わり

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

電撃の新文芸
Babel IV 言葉を乱せし旅の終わり

  • ISBN:9784049138276

ファイル: /

内容説明

キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用の言語教材を作成する仕事についた雫。エリクと協力して引き続き日本帰還の手立てを探り続けていたが、その鍵となるはずの外部者の呪具、秘された歴史を記した本の一冊が予想外な場所から見つかることに。
 一方、もう一冊の呪具を保持する邪悪な魔法士アヴィエラは、突如として大陸全土に向けて宣戦布告する。

「私の名はアヴィエラ。七番目の魔女。時代の終わりと始まりでお前を待っている」

 決戦の地は、禁呪によって異界化した亡国ヘルギニス跡地。ファルサス王ラルス率いる連合軍が結成され、呪具の片割れを所持する雫も否応なく戦いに巻き込まれていく。

 神話の時代に遡る言語の由来、子供達が言葉を失う流行病、この世界を観測する外部者の存在、そして現代日本からやってきた雫が言葉を解する意味。その全ての謎が一点に収束して明かされていく。長い長い旅の果てに、少女が知る真実とは――。

 言葉と人間を巡るロードファンタジー、堂々完結。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

35
キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用言語教材を作成する仕事についた雫。一方、邪悪な魔法士アヴィエラが突如として大陸全土に向けて宣戦布告する第四弾。子供に言語を教えながらエリクと帰還の手立てを探り続ける雫、意外な場所から見つかった秘された歴史を記す一冊の本を巡る因縁、そして七番目の魔女を名乗るアヴィエラとの決戦。相変わらず雫は無茶するな…と思いながら読んでましたけど、これまで積み重ねられてきた伏線が徐々に収束して明らかになるひとつの真実は鮮烈で、長い旅の果てに下した雫の決断が印象に残る物語でした。2021/07/15

陸抗

23
最終巻。雫の言葉が通じる謎と、その他気になる事がほぼ判明した。彼女の、大切なものを諦めない強さが世界を変えたけれど、周りは、特にエリクはどれだけやきもきさせられたんだろう。この世界にやってきてから選択の連続で、雫が最後に選んだことが正しかったか間違っていたか、判断するのは雫自身が決めることでこちらが何かを言うのは野暮。ただ、幸せだった?とこっそり聞いてみたい。2021/11/15

kitten

11
図書館本。言語学がメインの異世界ファンタジーBabelの最終巻。前を読んでからかなり時間が経ったので忘れているところも多い(特にリースフェンの関係)。いやぁ、最後の展開は二転三転ですごかったわ。雫の最後の決断とエピローグまで含めて素晴らしかった。基本、ネタバレは書きたくないのでこの巻の感想は書きづらいが、いくら何でもそれはありなのか?という展開だった。うーん、最初から読み返してみたくなるのは、UnnamedMemoryと同じだけど、最初から読み返すにはあまりにも長すぎるのも同じ。評価、星32021/09/27

みどり

8
一番厚いラストの1冊。 主人公である雫の本当の謎と、決断には涙。 誰の心の中にもある「自分がきっとこの世界の異分子だ」という、ある意味中二病的な思いが、結果としてこの結末を迎えたのかな。 でもそれは、本当に誰にでも心の中にあって、いくつになってもあるものだと思う。それに折り合いをつけていくのが年を取るということだけど、「自分で選んで」そういう道を活けるならきっと幸せになる。南の海は見えたのかな。2021/07/18

しおり

6
私自身がずっと疑問だった『異世界に転移したのに、言葉が通じるのはなんで?』という謎に真正面から切り込んだファンタジー作品の最終巻にして解答編。伏線・タイトル回収も完璧! 一人の女性の成長譚であり、一人の男性が己と向き合う物語でもある。 前巻からバベル…で、途中でバベル!?で、最後までバベル!!でした。 このシリーズだけでも楽しめますが、別シリーズ『Unnamed Memory』とWeb掲載の「変質の旅路」を読んでおいた方が全体像が理解しやすいです。時系列順に読みたい派なので、先に読んでおいてよかったです。2021/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18142200

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす