電撃の新文芸<br> Babel III 鳥籠より出ずる妖姫

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

電撃の新文芸
Babel III 鳥籠より出ずる妖姫

  • 著者名:古宮九時【著者】/森沢晴行【イラスト】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • KADOKAWA(2020/12発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 325pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784049135398

ファイル: /

内容説明

この大陸の在り方にまつわる秘匿された真実を、ファルサス王から知らされた雫とエリク。その情報の中から日本帰還への糸口を見いだした二人は、再び旅に出ようとしていた。
 だがその時、突如現れた使者に雫は選択を突きつけられる。招かれた先はかねてよりきな臭い噂が絶えなかった大国キスク。彼女に求められた役割は、残忍で知られる王妹オルティアの遊び相手だという。

「それで? お前は何ができる? 自らの口で述べてみよ」

 成り行きから雫は、流行り病とされる言語障害の対処法を確立するという大役を負うことに。失敗すれば待つのは無残なる死。旅の庇護者であったエリクのいない中、雫は一人手探りで解決策を探す。
 そして孤独の姫オルティアとの対峙を重ねるうちに彼女の心根を知り、二人の間柄にも変化が生まれていくのだが……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

39
この大陸の在り方にまつわる秘匿された真実をファルサス王から知らされた雫とエリク。しかし雫は突如現れた使者に選択を突きつけられ、一人で大国キスクを訪れることを決断する第三弾。成り行きから残忍で知られる王妹オルティア相手に、言語障害の対処法確立という大役を負う雫。誰が相手でも言うべきことは言う雫らしさが今回も全開でしたけど、孤独なオルティアに向き合い、キスクを巡る複雑な構図や相変わらずなファルサス王たちに振り回されながら、苦境を乗り越え解決してみせた雫の頑張りには称賛を送りたいですね。本当に濃厚な一冊でした。2020/12/16

陸抗

22
ファルサスからキスクへと連れ去られた雫。残忍で知られる王妹オルティアからの命令で、子供の言語療育を期間限定でやることに。生まれてから繰り返し子供に言葉を覚えさせるのは、こちらの世界では当たり前だけどあちらは違うのね。言葉が出ないから病気扱いされて、更に原因を探るために実験台にされるなら、発達障害の子はどうなるのか…。そもそも存在するのか分からないけど。命懸けの試練をこなす雫とその様子を嘲笑うオルティアが、本当の黒幕が登場してから同じ立ち位置になっていく過程に驚かされた。最後は想像もつかなかったし。2021/11/12

kitten

14
図書館本。文系女子大生が異世界に放り込まれて悪戦苦闘する話。二巻までの流れを忘れていたけど、それまでの流れとは全然違う話だった。舞台はファルサスからキスクへ。人の命を非常に軽く扱う王妹オルティアに仕えることになった雫が、いつも通り無謀で非常に怖い。王族には性格破綻者しかいないらしい。生き別れになったエリクは最終盤まで出番なし。ある意味、雫無双。言葉についての話は一休み。次が最終巻らしいのでそこで全部明らかになるんだろう。評価、星3。2021/02/01

ささきち

14
昆布は本編に出ていない…だと?というどうでも良いことは置いておき、雫がニケ達に脅されキスクに連れていかれるのだがまぁ色々と予想外の展開でびっくりなのと凄く面白かったですね!最初は恐ろしく怖い人だった王妹のオルティアだったけど彼女の態度や過去の出来事から頭を下げ服従していたけど子供を助ける為に異世界人だとバラし言語障害を誰よりも上手くできるのは自分だけだ!と売り出し服従から対等な立場になってからがとっても好き!オルティアにもう誰も反抗も小言も言わない中雫だけが彼女にちゃんと言葉をかけ #ニコカド2020 2021/01/04

みどり

9
あれ??次で終わり?と、かなりかなりびっくりの仰天。 いやお話はエリクと別れて雫が雫として、新しい生き方を模索し始めたばかりだというのに。 私としては、できることならもう、このまま転異したまま、または時空の魔女みたいな立ち位置で終わってほしいという破天荒な妄想を抱いてしまう。 2021/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17060287

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす