電撃の新文芸<br> Babel II 魔法大国からの断罪

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

電撃の新文芸
Babel II 魔法大国からの断罪

  • 著者名:古宮九時【著者】/森沢晴行【イラスト】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • KADOKAWA(2020/09発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 325pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784049133301

ファイル: /

内容説明

幾度となく命の危険に遭いながらも、雫のひたむきな前向き思考と魔法士エリクの機転によって切り抜けてきた長い旅路。カンデラ城での禁呪事件を経た後も、行く先々で何故か騒動に巻き込まれながら、遂に二人は当初の目的地であった魔法大国ファルサスへと到着する。
 日本帰還への糸口を求めて、ファルサス王ラルスとの謁見が実現するが……。

「──立ち去るがよい、外部者よ」

 雫の存在を“ありえない異質”と断じ、冷徹な意志を持って王剣を突きつけるラルス。処断を逃れるため、自分が人間であることを証明するために雫が取った行動とは。そしてファルサス城の中で知ることになる、エリクの過去とは。
 やがて解明されていく世界の謎。異なる世界の言語を教え合う中で少しずつ降り積もっていった違和感は、衝撃的な事実として雫たちの前に立ち現れる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

36
カンデラ城での禁呪事件を経た後も、行く先々で何故か騒動に巻き込まれながら魔法大国ファルサスへと到着する二人。日本帰還への糸口を求めて王ラルスと謁見する第二弾。雫たちが旅先の町で出会った謎の少女・リースヒェン、うっかり見てはいけない場面を見て攫われる雫、そしてついに謁見したファルサス王の断罪。いや、それにしても雫はトラブルに首を突っ込みすぎというか巻き込まれがちというか、ラルスとのやりとりが何かいい感じでしたけど、エリクの過去に加えて思わぬ事実も明らかになって、波乱万丈の日々はまだまだ続きそうですね(苦笑)2020/09/16

陸抗

23
何とかファルサスにたどり着いた雫とエリク。エリクがファルサスに行きたく無い理由も判明したものの、王に噛みつく雫の言動に度肝を抜かれた。普通の女子大生は、そんなこと躊躇なくやりません!異世界に転生して自分の能力を発揮して周りの人達を助ける話が多い中で、どんなささやかな知識や能力ですら、知ってる事さえも見知らぬ人に知られる危険を、雫を通して伝えられるのは不思議な感覚だった。世界に干渉してはいけない。言葉の習得方法がここまで違うとは思わず、ちょっとあちらの世界が羨ましかった。だからこその病気なんだけど。2021/11/09

わたー

22
★★★★★なんの能力もないただの女子大生という割にはメンタル強すぎませんか雫さん。遂に魔法大国ファルサスに辿り着くエリクと雫。そこで待ち受けるのは苛烈な王ラルス。最前線であれこれ立ち回る姿はいったい誰に似たんだか。物語の核となるカラクリも、想像以上で非常に良かった。なろうの台頭で、言語が通じる異世界がポピュラーな存在になっているので尚更。最後の最後にどでかい爆弾が投下されて、帰還の目処はおろか生命の危機な状況なので続きが楽しみ。そして、オスカーお前、別の嫁を迎えるとかなんなん。まさか彼女って…2020/09/21

kitten

15
図書館本。異世界ファンタジーでなぜか言語に注力している異色作、Babelの二巻。ちょくちょくと事件に巻き込まれながら、この巻の最終章でいよいよ本題に突入と言った感じ。軽くネタバレになるけれども、「異世界に迷い込んで、なぜ言葉が通じるのか?」がどうやらメインテーマらしい。そんなとこによく目を付けたな。世界はUnnamedMemoryと同じなんだけど、「外部者」という存在が気になる。むしろSFとかで見るネタだと思うけど、これってUnnamedMemoryのラストにも絡んでくるネタなのかな?評価、星32020/11/01

ささきち

14
なんか表紙の雫1巻の表紙と比べてロリ化してね?から始まる2巻!前回転移させられてどこにでる?と思ったがファルサスを超えてもっと西に転移して向かう先が西から東に変わってしまったとさ。でも距離的には縮まったので問題なし!だと思えば向かう先に新たな問題が起こるものよ。近場の街に行ったら1巻でめちゃくちゃ気になっていたオスカーと名乗る人物と一緒にいた少女リースヒェンとの出会い、本当に出会っただけで何もなかったのだがあの拘束具とかオスカーの肩に乗っていたドラゴンやらでますます気になる存在になってきているが 2020/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16479629

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす