オーバーラップ文庫<br> Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした 3

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

オーバーラップ文庫
Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした 3

  • ISBN:9784865549324

ファイル: /

内容説明

王都襲撃事件の犯人は、カイゼルのかつての仲間である賢者・エトラだった。
カイゼルはエトラが事件を起こした真意を追究すべく、アプローチを試みる。賢者であると同時に、生粋のギャンブラーであるエトラは、真相を明かす条件としてカイゼルに一つの勝負を持ちかける。
それは、限られた極短い期間でどちらがより生徒を成長させられるか、という対決。しかし、エトラには「人にものを教えるのが極度にヘタクソである」という、無自覚ながらも致命的な弱点があって……!
父親を慕う可愛い娘たちと贈る最強父娘ファンタジー、第3幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nishiyan

10
王都襲撃事件の犯人であったかつての仲間である賢者エトラと接触を果たしたカイゼル。その真意を明かす条件としてある勝負が持ちかかられるとともに、メリルにも大きな変化が起きる本巻。賢者とはこうも面倒なものなのか、魔法以外はからっきしというエトラとメリルのやりとりが面白い。この勝負をきっかけに友達ができたメリルが学園になじんでいくのもコミカルで楽しく、妹に出来た初めての友達に姉二人が慌てふためく姿も微笑ましい。そんな中でカイゼルに突き付けられた世代交代の必要性が彼を親として成長させるのも心地よい。次巻が楽しみ。2021/07/14

真白優樹

6
カイゼルのかつての仲間であるエトラの思惑が語られる中、末娘であるメリルの問題に触れる事になる今巻。―――いつか来る別れの為、今この時に自立を。 様々な問題の元凶となってきたエトラの思い、今巻の敵が語った娘達の出生の秘密。そんな中、天才であるが故に孤独だったメリルの成長に焦点を当てていく巻であり、前巻までとは違った成長の面白さが光る巻である。大好きでも、いつかは追い越す日が来る。真の意味で次代を担う者達が育ちつつある中、彼等の日常はこれからどうなっていくのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。2021/06/27

1
末娘メリルのお当番回。ファザコンを自負するメリルを心配するカイゼル。そこに昔仲間のエトラの言葉があり改善を促し…。基本優しい世界なので予定調和。お友達ができてなにより。そんなことよりメリルの格好は完全に痴○…2021/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18129529

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。