オーバーラップ文庫<br> Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥759
  • Kinoppy
  • Reader

オーバーラップ文庫
Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした 1

  • ISBN:9784865546590

ファイル: /

内容説明

将来を嘱望されていたAランク冒険者の青年カイゼル。しかし、彼はとある事情で拾った3人の娘を育てるために冒険者を引退し、田舎で静かに暮らしていた。
時が経ち、王都に旅立ったエルザ・アンナ・メリルの3人娘たちは、剣聖・ギルドマスター・賢者と称されるほどの成長を果たす。そんな彼女たちに王都へ招かれたカイゼルは、再び一緒に生活することに。昔のように平和な暮らしを――と思いきや、父親が大好きすぎる娘たちは超積極的! そのアプローチはとどまることを知らず、お風呂に入ってきたり、媚薬を作り始めたりで――!?
父親を慕う可愛い娘たちと贈る最強父娘ファンタジー、開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

15
竜との戦いから、故郷へ帰った主人公。成長した娘たちはそれぞれの道を行った。ファザコン娘たちとともに王都で暮らし始めた父親、娘たちの凄さ。凄いまま物語がサクサクと進んでいく。伏線は示されたものの、家族がわちゃわちゃしてれば満足です。2020/07/13

nishiyan

7
将来を嘱望されていた冒険者のカイゼルがある事情から引退し、育てた3人の娘が剣聖、ギルドマスター、賢者へと美しくも強く成長し、共に王都で暮らすことになる父娘ファンタジー。幼い娘たちとの賑やかな田舎暮らしはほのぼのとしていて良い。王都に移ってからは3人娘の仕事を手伝いながら、かつてのA級冒険者の輝きを取り戻しながらも父親をしているのは好感が持てる。ファザコン過ぎる娘たちとの今後も気になるところだが、因縁のあるあの竜が遺した言葉の意味やカイゼルの過去を覚えていない人々の謎など気になるところは多い。次巻が楽しみ。2020/06/28

真白優樹

7
最強を一歩手前にしながらとある事情で引退し、三人の娘を育てた男が王都で暮らす娘達に王都に招かれ始まる物語。―――絆があるから、君がいるから。だからもし世界が相手でも。 長女と騎士団を鍛えたり、次女の手伝いをしたり三女に振り回されたり。とある国の王都を舞台に最強の父と娘が楽しく日常を過ごす物語であり、ハートフルな家族愛と迫られたじろぐラブコメが見所な、絆の温かさが見所である物語である。果たして、竜が言い残した言葉の真意とは。父親は可愛い娘達をこの先、守り抜くことはできるのか。 次巻も勿論楽しみである。2020/06/26

nawade

7
★★★☆☆ Sランク昇給間近だった冒険者カイゼルだが、彼の任務の巻き添えで消失した村で生き残った3人の娘を育てるために冒険者を引退し、田舎で静かに暮らしていた。やがて彼の元から巣立っていった娘達と暮らすために王都に向かった彼は剣聖・ギルドマスター・賢者となった娘達と再開する最強父娘ファンタジー。成長しても父を慕い続ける3人娘。慕い方や甘え方にも性格の違いが表れているが、父を大好きなところは変わらない譲れない。健気なだけでなく女としての強かさも見え隠れしているところが、また可愛い。頁の割にサクッと読める。 2020/06/24

リク

6
最強だけどファザコンだからパパの言うことは聞く感じかと思ってたら、普通にパパが最強だった。それに三女以外は尊敬の念が強いだけで、ファザコンというほどでもない気が。三女はヤベえ。わかりやすい俺TUEEE系なのでサクサク読める。ただパパが万能すぎて娘たちの出番を食っていたので、もう少し娘たちがメインの話を増やしても良かったかも。出自あたりでその辺が改善されるといい。2020/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16068155

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。