オーバーラップ文庫<br> Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

オーバーラップ文庫
Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした 2

  • ISBN:9784865547795

ファイル: /

内容説明

Aランク冒険者であるカイゼルは、因縁の相手であるエンシェントドラゴンの討伐に成功する。さらには、自らが義理の父親であることを娘のエルザ、アンナ、メリルに明かしたが、その日常は相変わらずの平穏なものだった。それどころか、娘たちからのアプローチはより積極的なものになっていて――!?
そんな折、カイゼルの前に現れたのは、十八年前の冒険者仲間・レジーナ。カイゼルが彼女との再会を懐かしむ一方で、娘たちは新たなライバルの登場に危機感を覚えていた――!?
父親を慕う可愛い娘たちと贈る最強父娘ファンタジー、第2幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nishiyan

7
エルザ、アンナ、メリルの三人娘と王都へと移り住み平穏な日常を過ごすカイゼル。彼の前にかつての冒険者仲間レジーナが現れ、三人娘は恋のライバル出現に危機感を募らせる本巻。彼女の登場でカイゼルの過去掘り下げと娘たちへの愛情の深さを再認識。娘たちの猛烈なアプローチにも父親として対応できる秘密はここだろう。レジーナに触発されたエルザの成長が光り、前巻で残された謎の一部が明かされるなど面白い。アンナのお姉さん的な立ち振る舞いも磨きがかかり、ラストで見せた仕草も愛らしい。新たなフラグがどんな嵐を呼ぶのか次巻が楽しみ。2020/11/22

真白優樹

6
三人娘からのアプローチが更に過激になっていく中、カイゼルのかつての仲間である大剣使い、レジーナが現れる今巻。―――過去より来たりし影を払え、今まで側にいたその力で。冒険者としての前線時代のカイゼルの活躍に光を当てつつ、レジーナという強力な恋敵の出現によりラブコメ模様が益々深まっていく今巻。例えどんな強敵であっても、娘との絆、そして仲間との絆があれば乗り越えると言わんばかりに熱さ冴え渡る巻である。違う過去の仲間の影が不穏な予感を以て迫ってくる中、カイゼル達の日常はどうなるのか。 次巻も勿論楽しみである。2020/11/29

nais

2
いまいち盛り上がりに欠ける感じ。まだ敵が明確ではないからだろうか。2020/12/03

Kobajun

0
王都の人々が18年前のカイゼルを憶えていないのは、当時のパーティメンバーであった賢者が王都の守りに張った結界に付与させた魔法によるものだった。娘達と王都で暮らし始めたカイゼルは、冒険者時代のツンデレ好敵手レジーナと再会する。カイゼルにとっての目的は既にSランクにはなく、娘達が幸せになる事であった為、昇格を捨て、王都を囲む転移魔法陣の対処にあたる。どうやら技術的に、学園に忍び込んだり、魔物の転移を仕組んだのは件の賢者らしいが…。という訳で、次巻は新旧賢者の邂逅でメリルが主軸かな。見所は表紙のアンナの御御足。2020/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17016423

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。