佐々木とピーちゃん 3 異世界ファンタジーなら異能バトルも魔法少女もデスゲームも敵ではありません ~と考えていたら、雲行きが怪しく

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

佐々木とピーちゃん 3 異世界ファンタジーなら異能バトルも魔法少女もデスゲームも敵ではありません ~と考えていたら、雲行きが怪しく

  • ISBN:9784040659343

ファイル: /

内容説明

佐々木とピーちゃん(文鳥・ペット・賢者)は、今日も今日とて異世界と現代を行ったり来たり。理想のスローライフを求めて商売に精を出す。
現代では二人静の協力を得たことで、異世界の金品を現代の貨幣に変える手段を手に入れた。
魔法の鍛錬も進み、異能力者や魔法少女を相手に異世界の魔法で無双。
あとはたっぷり稼いで、悠々自適なリタイア生活を目指すのみ。
だが、彼らの行く手を阻むように各所では騒動が巻き起こる。
異世界では国王の跡目争いが本格的に勃発。
貴族に取り立てられて領地経営がスタート。
現代では連日のように異能バトルが発生。
魔法少女注意報、発令中。
そして、デスゲームに巻き込まれたお隣さんは、悪魔と共に天使の使徒たちから狙われることに。
いよいよ各界の交錯が始まり、佐々木の身の上が混迷を迎える、完全書き下ろしの第三弾!

【電子限定!書き下ろし特典つき】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

22
現実世界と異世界、両方の世界でトラブル発生。状況は次々と変わっていき、周囲を取り囲むヒロインたちも続々接近。全く嬉しくないのはなんなんだ。ピーちゃんとて万能ではない。あらゆる状況が佐々木の首をゆるゆると絞めてくるなかで、打開策はあるのか。最後の挿絵は豪華だが、カオスな状況に目を覆ってしまう。かなり強めの引き。2021/05/25

ささきち

8
とうとうお隣さんが本格参戦!佐々木は天使と悪魔の戦争にも当然巻き込まれお隣さんを助けたことで悪魔側?に付くことになるんかね~天使側に顔見られたし単独で天使勢の攻撃を跳ね返す攻撃とかしちゃったしまぁ天使とは敵対関係になるか。でも驚いたのが最強バリアを今の佐々木とはいえ突破して殺すとは恐ろしいな、同レベルのアバドンもできるんだろうけど現状一番の強敵は天使と悪魔で決まりかね。そんで異世界では王国がかなーり調子に乗ってきているのだがもうそろそろお灸を据えて欲しいものである。公爵と喧嘩しそうだけどどうなるのかな。2021/10/06

水無月冬弥

8
ぶんころり先生(@yokaigundan)の #ラノベ #キミラノ どんどんカオス化してきましたね。しかし、ここにきてお隣さんがついに本格的に絡みだしましたね、個人的にはメインヒロインなので頑張ってほしいです。ヤンデレだけど。2021/06/07

彼方

8
天使と悪魔のデスゲームにも巻き込まれ、ついに佐々木にもヤンデレヒロインの毒牙が迫る第3巻。悪魔との遭遇やエルザ様のご覚悟と…場面場面では面白いものの、ちょっと手を広げすぎに感じてきたかもしれない。佐々木は慎重さが魅力でもありますけど、こうも距離感が動かないと…二人静が一番仲良いまであるし、もっとラブコメしてほしい…。魔法少女なりデスゲームなり、浅く広くより1巻1巻狭く深くいってもらいたくて巨大怪獣襲来って期待より不安を覚えてしまう…。ともかくヒロイン集合な波乱なラストがどんな展開を招くのか、期待してます。2021/05/25

リク

7
嫉妬が七つの大罪に数えられる理由がよくわかる。お隣さんの歪み方めちゃ好きだわ。依存の押しつけが最高にゾクゾクする。ついにお隣さんの世界線とも交わって、どんどん事態が大きくなっていくな…。異世界、異能力、魔法少女、デスゲームと盛りすぎなのに物語として破綻してないのすごすぎる。しかもまだ盛る、そして佐々木いないところで急に修羅場発生だが、これどうやって収拾つけるのか。ぶんころり先生なら大丈夫だろうが。多分一番大変なのは二階静。これも佐々木からの信頼の証だと思ってガンバ!2021/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17849633

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。