ビッグコミックス<br> ぽんこつポン子(10)

個数:1
紙書籍版価格
¥650
  • 電子書籍
  • Reader

ビッグコミックス
ぽんこつポン子(10)

  • 著者名:矢寺圭太【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 小学館(2021/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098610433

ファイル: /

内容説明

ついに完結!吉岡とポン子は果たして…!?

家バクハツで意気消沈した吉岡!
一気に老ける吉岡を元気づけるために
ポン子がとった驚きの行動とは!?

そして吉岡と子どもたちの間にあった
わだかまりが次第にほどけていく。

これまでも、これからも…吉岡とポン子は
ずっとあなたの心の中に生き続けます。
万感の想いがこもった最終巻、ここに!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

akihiko810/アカウント移行中

25
10巻完結。田舎で暮らす頑固じいさんと、そこに派遣されたぽんこつメイドロボ・ぽん子の話。 9/10点  は~素晴らしい作品だった!ほっこりさせるところはほっこりさせ、しんみりさせるときはしんみり、笑わせるときは爆笑。最高のロボ日常ものマンガでした2023/10/08

かやま

8
完結。一番いい終わり方したかも。ゆるく読める楽しい作品だった。全10巻なのも名作感ある。2021/06/30

オジャオジャ

6
遂に終わってしまった……ジジイとポン子が賑やかながらも楽しい日々を生きていくと言うオチが付くと思いきや最終話はまさかのSFオチ。ジジイやゆうな様や街の人々が消え去りやがてポン子も壊れたけどポン子のメモリーの中には皆の思い出が確かに生き続けている言うオチはあまりにも美しい。嘘予告も誰もが知る国民的SFマンガのパロディーでクスリとなりつつも良い読後感だったな。ぽんこつポン子、非常に良いマンガでした。2021/06/06

もくもく

4
結局、この人間的なロボットたちが活躍する未来世界の、過去の出来事(世界大戦? ロボット兵器?など)については語られることなく完結…。でも、想像の余地を残して、イイ感じにお話がまとまって、好感を持てました。「不死者の悲しみ…」なんてテーマは、この物語には不似合いかもしれないけど、あの人もこの人も、ポン子の記憶の中で生きているっていうのは、ちょっと嬉しいかもしれないです。2021/06/04

4
最終回。いつまでも続いて、ほしいような、暖かい作品。ぽん子とへんくつおじさんの街の人や親戚迄巻き込んでのホームコメディ。良い話ですよ。2021/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17801952
  • ご注意事項