徳間文庫<br> 婿殿開眼十 一抹の福

個数:1
紙書籍版価格 ¥737
  • Kinoppy
  • Reader

徳間文庫
婿殿開眼十 一抹の福

  • 著者名:牧秀彦【著】
  • 価格 ¥737(本体¥670)
  • 徳間書店(2020/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

宿敵との最後の決戦!
そして愛妻にある変化が――。
好評の時代剣戟シリーズ、堂々完結!


無実の罪で囚われた名与力・仁杉五郎左衛門が獄中で非業の死を遂げた。
仲間から経緯を聞いた笠井半蔵だったが、謹慎中のため身動きが取れない。
歯噛みする半蔵に、思わぬ人から救いの手が差し伸べられ、真相を突き止めることを決心する。
宿敵・三村兄弟との最後の決戦が間近に迫るなか、愛妻の佐和に変化が起きていた――。
好評の人気剣戟シリーズ、堂々完結!

〈目次〉
第一章 名与力死す
第二章 半蔵、再び立つ
第三章 男たちの覚悟
第四章 三角決闘の夜
第五章 父として
終章  武州にて