ビッグガンガンコミックス<br> 薬屋のひとりごと 5巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグガンガンコミックス
薬屋のひとりごと 5巻

  • ISBN:9784757562165

ファイル: /

内容説明

【名探偵・猫猫誕生──…!?】
一度は後宮を解雇されるも、壬氏に直接雇われる形で外廷での勤務をする事になった猫猫。そんな彼女には、以前にも増して好奇心を刺激される謎解きの相談や、謎解き以外でも面倒な依頼が持ち込まれます。名探偵・猫猫誕生…!? 猫猫の推理が冴える、新章開幕の第5巻!
(C)2019 Natsu Hyuuga/Shufunotomo Infos Co.,Ltd. (C)2019 Nekokurage (C)2019 Itsuki Nanao

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はな

87
だんだん登場人物が増えてきた。羅漢は喰えない人だ…。朝餉を食べる壬師の色気がやばい(笑)( ╹▽╹ )猫猫は壬師直属の下女ってなったけど、これは大出世なのでは?早く続きが読みたい。もう文庫本にも走ろうかしら…2019/11/25

しまふくろう

87
続けて購入。相変わらず女性キャラが可愛らしくて良い。 物語は宮殿勤めになった猫猫が色々な問題にかかわる話。相変わらず壬氏が健気で面白い。猫猫はそろそろ何か察してあげて欲しい。 怪しい新キャラ二人はどういう素性なのか気になる。 カバー裏のノリも面白かった。無かったら畑を作れば良い、という発想を宮殿でも実行するのは凄い。 続きが楽しみ。2019/07/28

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

69
再読。壬氏の顔が崩れまくる巻。2019/10/02

鱒子

63
友人本。いろんな伏線がはられた感じがするこの巻。もったいない化粧の官女、誰かに似ているらしい 海藻毒殺事件の武官、そして軍師の羅漢(ラカン)。猫猫(マオマオ)と羅漢は知り合いっぽい記述があって、気になります。まあ、一番の見所は「女の園における他言無用の秘術」だった訳ですが。2019/08/05

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

62
再読。めちゃくちゃ推理っぽい!(* ̄∇ ̄)ノ2019/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13969882

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。