MF文庫J<br> 聖剣学院の魔剣使い【電子特典付き】

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

MF文庫J
聖剣学院の魔剣使い【電子特典付き】

  • ISBN:9784040656724

ファイル: /

内容説明

最強の魔王レオニスは、来たるべき決戦に備え自らの存在を封印した。だが、1000年の時を超えて目覚めたとき、彼はなんと10歳の少年の姿に戻っていた!「なんでだ!?」「君、どうしてここに閉じ込められていたの? もう大丈夫よ。お姉さんが守ってあげる」。〈聖剣学院〉に所属する美少女リーセリアに保護されたレオニスは、変わり果てた世界に愕然。未知なる敵〈ヴォイド〉、〈第〇七戦術都市〉、武器の形をとる異能の力――〈聖剣〉。聞き慣れない言葉に戸惑いつつも、彼は〈聖剣学院〉に入学することに。魔術の失われた未来世界で、最強魔王と美少女たちの織りなす聖剣と魔剣の学園ソード・ファンタジーが幕を開ける!
【電子特典!書き下ろし短編付き】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

46
10歳の少年の姿となって蘇った最強の魔王が、異形の化け物たちを蹴散らす学園ファンタジーここに開幕。安定感がハンパない。ショタになった魔王と可愛らしいお姉さんたちが繰り広げるおねショタ系要素と、王道中の王道を突き進むファンタジー要素が魅力のバトルあり、エッチィラブコメありなmf文庫らしい作品の登場だ。まぁあんまりおねショタ感はないのでそっちに期待するとアレかもしれないが、ラノベが大好きな人なら興奮すること間違いなしな要素がたっぷり詰め込まれているので買って損はない1冊であるのは確か。次巻も期待したい。2019/05/27

むっきゅー

45
1000年後に転生した魔王だが、10歳ごろの肉体に戻ってしまう、見た目は子供頭脳は大人なバトルラブコメ。俺tsueeeものなんだけど、学院の落ちこぼれなヒロイン・セリアが強くなっていくところが面白い。人類と魔王の大戦の経緯や消された歴史、裏切りの女神の正体など壮大な設定があり、今後どのような展開になるのか楽しみです。2019/06/01

まっさん

38
★★★☆ 最強の魔王・レオニスは、来たるべき決戦に備えて永き眠りについた。しかし、1000年後に目覚めた彼が見たものは、未知なる敵「ヴォイド」に人口の4分の3を滅ぼされ、それに対抗するために武器の形をとる異能の力「聖剣」を使って人間達が抗っている世界だった。伝説的な自身の名声や魔術が失われ、更に自分自身も10歳の少年の姿に戻ってしまった彼は、聖剣学院に所属する美少女・リーセリアに保護される。レオニスは、自身の目的を遂行するためにリーセリアや様々な美少女に囲まれた学園生活を送ることを決めて…ー 「精霊使→2019/06/09

よっち

37
来たるべき決戦に備え自らを封印した魔王レオニス。しかし1000年の時を超えて目覚めた時には10歳の少年の姿で、聖剣学院に所属する少女・リーセリアに保護される学園ソードファンタジー。魔族も魔術もなく、聖剣を武器に未知なる敵・ヴォイドと戦う1000年後の世界。聖剣を発現できなかったりと訳ありなお姉さんたちの部隊に所属し、彼女たちのありように少しずつ感化されて、ヴォイドとの戦いに身を投じてゆく展開には安定感があって面白かったです。ヒロインたちとの関係に1000年前の因縁もあって、今後に期待の新シリーズですね。 2019/05/24

レリナ

32
いいね。こういうファンタジー。世界観もキャラも魅力的。レオニスが10歳の子供になってしまったというところが今回のポイント。ヒロイン、リーセリアのキャラが好き。一巻で見せ場がちゃんとあってヒロインが活躍するシーンがあるのはポイントが高い。レオニスが魔王としての力をどうこれから行使して、目的を達成していくのか、気になる。作者の描く作品は安定感が半端ない。この世界が今どんな状況に陥っていて、敵の目的は何なのか、判明してくると、作品としての面白みが増すと思う。読みやすく、ラノベらしい作品。次巻に期待。2019/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13718143

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。