角川文庫<br> 入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(三)

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

角川文庫
入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(三)

  • 著者名:千野隆司【著者】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 特価 ¥523(本体¥476)
  • KADOKAWA(2019/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

家族の形は変わりゆく。
大凶作、打壊し、さらに殺しの濡れ衣――苦難を乗り越え、絆を新たにした大黒屋の行く末は?


打壊しの危機を乗り越えた角次郎は、長く大黒屋を支える番頭の直吉に暖簾分けをゆるす。
互いへの恋心を抑えきれない善太郎とお稲は、次こそ最後の逢瀬と、ある場所へ足を向ける……。
そんな中、金貸しが何者かに殺され、金を奪われる事件が発生。
生き残った小僧の証言等から、直吉が捕らえられてしまった!
事件の裏に張り巡らされた罠をはね返し、直吉の潔白を証すべく、一同は力を合わせ奔走する。
急展開の新章、完結!