ヤングジャンプコミックスDIGITAL<br> シャドーハウス 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy

ヤングジャンプコミックスDIGITAL
シャドーハウス 1

  • 著者名:ソウマトウ【著者】
  • 価格 ¥658(本体¥599)
  • 集英社(2019/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784088911847

ファイル: /

内容説明

貴族の真似事をする、顔のない一族「シャドー」。その“顔”として仕える世話係の「生き人形」。来客のない奇妙な館には、今日も煤と黄色い声が、舞う――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

49
顔の見えないシャドーと呼ばれる貴族のような一族と、個々のシャドーに仕える生き人形たち。不思議な、幻想的な世界観はとても好み。巨大な屋敷とその周辺しか存在していない、タイタスグローンのような閉塞感。2020/07/17

exsoy

46
全身真っ黒の一族の「顔」として仕える「生き人形」の話。ほえー不思議なマンガだ。でも嫌なわけじゃない。装丁も凝っている。2019/01/21

ブックマスター

41
アニメを見ながら原作を。ミステリアスでゴシックな雰囲気に惹かれて手に取ったけれど、絵は可愛らしくて何よりも緻密さにびっくり…!鉛筆画みたいで、すごい。見入る。冷静で大人びたケイト様と、彼女の“顔”になった天真爛漫なエミリコ。対照的な性格の二人のやり取りに癒される、けど…やっぱり微かに漂う不穏さ。一巻で描かれてる範囲が平和すぎて、今後の展開が暗くなっていくのかな…と要らぬ不安を抱く。シャドー家と生き人形、そして偉大なるおじい様など謎が多し。これからどうなるのか楽しみ。最初と最後のカラーイラストも素敵だった。2021/05/10

雪紫

36
立ち読みにて読了。顔のないケイトお嬢様と表情を担当する生き人形エミリコ。怒りの表現のすすといい、絵柄とあいまって、主人公の性格がなければかなり暗いお話な雰囲気(エミリコに救われてるんだろうな、お嬢様)。しかし、これは百合の気配をーー(以下百合脳の妄言になりそうなので検閲)。2020/12/29

ヒロ

29
おおぉ…。これは…。絵本のようだが若干の闇を感じる。おもしろいズェ…。2019/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13407224

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。