SHAMAN KING レッドクリムゾン(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

SHAMAN KING レッドクリムゾン(1)

  • ISBN:9784065136676

ファイル: /

内容説明

シャーマンキング初の公式外伝!「お前達さえいなければ、私の家族はみんな幸せだったんだ…!!」道家二千年の憎しみの連鎖と凄惨な歴史に、道潤と李白竜が立ち向かう。これは道家の最後の戦争の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レリナ

22
シャーマンキング初の外伝。面白かった。道家の因縁渦巻く戦い。最後のシーンは衝撃だった。ジェット草村先生の描く絵は武井先生の絵と遜色ない。一瞬武井先生が描いていると思った。絵は上手いし、話運びも良い。道家とレッドクリムゾンの戦いがこれから何を生み出していくのか。敵は一筋縄ではいかない。蓮はこの戦いに何を見出そうとしているのだろうか。次巻に期待。2018/11/16

13
手を着けようか迷っていたけど、こちらで評価がよかったので購入。そうして驚いた、これは本当にクレジットを見なかったら武井作画だと錯覚するクォリティ。奇しくも先日、出来栄えが同じくらいの真筆と贋作の場合、真筆の価値って何かしらとこちらで云々したばかり。もちろん本作を贋作と呼ぶ訳では決してないけれど、これだけ描ける人があえて完全オリジナルをやらない理由って何だろう。肝心のお話は本編との絡みを待機しつつ、暗くなりかねない筋をホロホロがいい具合に混ぜっ返してくれてるのが嬉しい。この密度で駆け抜けてくれることを期待。2018/11/28

じお

6
★★★☆☆ 蓮に金を借りに来たホロホロは、道家に恨みを抱くレッドクリムゾンなる組織の襲撃に巻き込まれる、シャーマンキング正当外伝第1巻。マンキンは本誌で読んでいて割と好きだったので読了。いつの間にやらフラワーズやら続編やら外伝やらが出来て混乱気味だったが、とりあえずキンドル無料だった今巻から読んだ。潤さんかわええなーとか適当に和んでたらウエエエエエ!?と衝撃の事実がぶっこまれて私発狂。どうやらフラワーズの方で既に出ていた展開らしいのだが本作から読んだ私にとっては初見で、もんなんやそれ状態。2020/08/25

坂津

6
怒濤の衝撃的な展開に度肝を抜かれる「シャーマンキング初の公式外伝(単行本帯より)」。まず驚いたのが、作画が武井宏之先生本人ではないということ。特徴的なあの作画をこのレベルまで再現していることが驚嘆に値する。道家の確執がメインで描かれるスピンオフに、北海道から中国へとやって来たホロホロが一枚噛んでくる展開も読んでいて胸が熱くなる。集英社を離れて講談社に移籍したと聞いた時はどうなるかと思ったが、この作品を読んだからには黙って付いて行くしかない。今回ばかりは「未完?」の悲劇に遭いませんようにと祈りつつ…。2018/12/21

狭葉

3
色々と衝撃受けた……2018/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13219210

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。