GA文庫<br> ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? ~好きになったJKは27でした~

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

GA文庫
ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? ~好きになったJKは27でした~

  • ISBN:9784797396850

ファイル: /

内容説明

27歳のお姉さん×男子高校生の甘々ラブコメ、開幕!!

「私とデートしてくれませんか?」
男子高校生・桃田薫はある日、電車で痴漢に遭っていた女子高生・織原姫を助ける。
二人は互いに惹かれあい恋に落ちていくのだが、彼女には人に言えない秘密があった。

「……私、本当は、27歳なの」

好きになったJKの正体はアラサーのOLだった!?

秘密がバレた織原は桃田の元を去ろうとするが――
「――好きです、織原さん。本当のあなたが大好きです」
「いいの……? 本当に、私で」

平日OL→週末JK!?
可愛すぎる奇跡のアラサーとまっすぐな男子高校生による
年の差・純愛・甘々ラブコメディ、堂々開幕! ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

69
見た目はJKだけど立派な社会人のアラサーOLと普通の男子高校生の年の差ラブコメここに開幕。この27歳、超可愛過ぎるので注意が必要。思春期真っ盛りな男子高校生と、アラサーだけど初心なOL。そんな2人の恋愛模様をラノベ的お楽しみ要素を交えながらも、現実的な問題もしっかりと描いている。何よりも高校生とのジェネレーションギャップネタ。これがヒロインと同世代の人間の心をピンポイントに突いてきてニクい。エグゼもスマブラもMDも青春時代のど真ん中の人は色んな意味で衝撃を受ける事間違いなしだろう。ダメージがすげぇわ。2018/05/17

よっち

64
電車で痴漢に遭っていた女子高生・織原姫を助け、そんな彼女に惹かれてゆく男子高校生・桃田薫。しかし好きになったJKの正体はアラサーのOLだったという年の差ラブコメディ。高校生と一回り近く年上のアラサーという組み合わせはいろいろ考えてしまいますが、懐かしいあるあるネタでたびたび世代間ギャップに凹みながらも、天然で素の反応が可愛くて破壊力抜群の姫と、その魅力にドキドキしながら真摯に向き合おうとする不器用なモモの距離感がとても良かったですね。いろいろ前途多難な二人がどうなってゆくのか、続巻に期待したいと思います。2018/06/28

もも

62
男子高校生とOLの年の差ラブコメ。発売前から大分期待していましたが、予想以上に面白かったです。どちらかと言うと大人の恋?という感じでしたが、甘々でしたね。そしてピュア。年の差恋愛ならではの悩みもちゃんと描かれていますが、それでいてシリアスになりすぎないのが良かったです。薫は大人っぽいなぁ。あの告白は本当にずるいよね笑 でも付き合ってからも問題は山積みで…特にお泊まりのシーンにはハラハラさせられました。でもちゃんと落ち着くところに落ち着いて良かったですね。肩を寄せ合って眠る2人が微笑ましい(*^^*) →2018/06/09

ami*15

54
男子高校生とOLの年の差カップル。勘違いを繰り返しながらも2人の“好き”を深めていくモモと織原さんを温かく見守っていきたいと思えた物語でした。15歳と27歳、ジェネレーションギャップがあっても2人で出掛けたり自宅でゲームをしたりする場面の数々に微笑ましくなります。でもお泊りのくだりが少しヒヤヒヤしたかな。序盤でモモが織原さんのことを本物のJKだと勘違いし、話が微妙にズレていたところは最高でした(笑)。最後の2人のイラストも凄く好き。この年の差カップル、今後どんなドタバタを見せてくれるのか期待したいです。2018/06/10

むっきゅー

54
付き合い始めの空回り感を存分に味わえる作品。とにかくイタい、痛すぎる。さて本作、とある事情でJKコスで痴漢にあっていた織原さん(27)と、それを助けた桃田くん(15)の年の差ラブコメ。27のJK。互いに一目ボレでも、年の差を引け目に感じ距離を取ろうとした織原さん。でも、桃田くんの王子のような告白に、完全にお姫さま状態で陥落。誠実な桃田くんに対し、織原さんは美少女フェイスに抜群のスタイルなのに自己評価が低すぎ。そんな二人のイチャコラですが、初めてのお泊まりの話は、もうダメ。笑いすぎて悶絶したわ。2018/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12792696

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。