富士見L文庫<br> 榮国物語 春華とりかえ抄 二

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
榮国物語 春華とりかえ抄 二

  • ISBN:9784040726052

ファイル: /

内容説明

莉珠と海宝の同盟が締結した。海宝を狙う白水の動きを探るため、春蘭は白水の部下・李子君を調べることに。その手段は……高級妓楼の潜入捜査!? しかし白水はすでに先手を打っていて――。男女逆転中華譚第二弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

48
前の巻になかったドキドキのシチュエーションは加わってきたが、物語の本筋にあたる事件の論理が弱いのと、日本語の技術として無駄な言葉が多い。春雷サイドの物語も、春蘭に比べ魅力が低いように思った。2018/02/19

よっち

24
枢密使・海宝と皇女・莉珠の同盟が無事締結。海宝を狙う白水の動きを探るため、白水の部下・李子君を調べていくうちに、子君と大臣の会談が行われると耳にした春蘭が妓女に扮して潜入捜査を試みる第二弾。男の春蘭に懸想しているのか?と拗らせている海宝と、距離を置かれた春蘭が出会った男、春雷と莉珠の関係もぎくしゃくしつつある中で起こった事件。海宝との信頼関係を育みつつ、上手く繋がった縁を活かして事態をひっくり返した春蘭でしたけど、相手もまた侮れないですね。二人の入れ替わりが今後どういう展開をもたらすのか、続巻に期待です。2018/02/15

咲穂

8
皇女との同盟にこぎつけた海宝。続いて王宰相との同盟を結ぼうとするが、政敵・白水の妨害を受け… 大きな秘密を抱えつつ、天真爛漫な春蘭と、彼女を男と思いつつ振り回される海宝が最高! 海宝は鈍いんだか鋭いんだか…笑2021/04/11

ゆうら

8
李子君と春蘭のシーンはなかなか良かった。ちょっと考える人なら疑うよね、やっぱり。春蘭と司令の信頼度も増してきたし、紫峰、杏子と新しいキャラも出てきてどう展開するか。2019/05/25

かえ☆★★

6
買った本です。オススメされた第二巻。吠えるシーンが多いけど(笑)。一緒に吠えたくなるようなシーンが多くて、やっぱり今後の展開に楽しみしかない。2022/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12590382

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。