オーバーラップ文庫<br> 最果てのパラディンIII〈下〉 鉄錆の山の王

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

オーバーラップ文庫
最果てのパラディンIII〈下〉 鉄錆の山の王

  • ISBN:9784865541779

ファイル: /

内容説明

平和を取り戻しはじめた最果ての地に、再び邪悪の影が忍び寄る。
「鉄錆の山脈に、黒き災いの火が起こる。火は燃え広がり、あるいは、この地の全てを焼きつくすであろう」
 《獣の森》の深奥で不吉な予言を受けたウィルは、新たな仲間を加え、ついに《鉄錆山脈》へと挑む。
 懐かしき再会と、予期せぬ出会い。そして、不死神スタグネイトからの死の予言。
【もう一度だけ言う。――挑めば、死ぬぞ】
 今は無き地底の王国で、切って落とされる決戦の幕。
 《最果ての聖騎士》を待ち受ける結末は、果たして……?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

49
神すら恐れた最強の邪竜ヴァラキアカとウィルたちの死闘を描いた下巻。嗚呼、これが英雄譚と呼ぶに相応しい心が震える程の熱量溢れる展開に引き込まれ一気に読み終わりました。ドワーフの故郷を取り戻す為に、勇気を示し悪魔の将を倒したルゥ。恐怖と絶望に襲われながらも邪竜ヴァラキアカと戦い、英雄としての力を示したウィル。真の英雄とは彼等の事なんだと思わせる程の迫力と気迫を感じさせる戦闘シーンは本当素晴らしすぎる。こんなにカッコいい脳筋主人公他におらんで。ヴァラキアカも最高の悪役やね。この面白さを多くの人に知って貰いたい。2016/12/23

よっち

41
仲間を連れて向かった故郷での懐かしきガスとの再会と、鉄錆山脈へ向かう過程での予期せぬ出会い。そして仲間たちとともに邪竜との決戦に挑む第四弾。決戦に向かう前の相変わらずなガスや、ディーネとメネルとのやりとりがいいアクセントになっていましたが、さすがに強敵である邪竜との戦いは苦しく、そしてとても熱かったですね。しかしウィルはまた一段と人間離れした力を得たことで突き抜けた存在になってしまいましたし、このシリーズではレギュラー化しそうなヒロインなかなか出てないなと思ったらまさかの超展開でしたね(苦笑)続巻に期待。2017/02/24

ツバサ

25
下巻。手に汗握る熱い戦闘シーンは読んでて滾るなぁ。敵のヴァラキアカが本当に良い悪役だったから物語が盛り上がった。ウィルの圧倒的な暴力には何も言うまい笑 これからウィルの力に周りが付いてこれるか不安だけど、この先にどんな冒険が待ってるのか楽しみ。気になっている人はとりあえず読んでみて下さい。2016/12/27

真白優樹

22
鉄錆の山の奥底で、神代の邪竜と戦いを繰り広げる今巻。―――全てを尽くして打ち勝て、最強の敵に。勇気を以て王としての姿を示したルゥ、最後まで折れず邪竜と死闘を繰り広げるウィル。これぞ本物の、今まさに刻まれる英雄譚である。神達も自らの力を以て舞い踊り、且つて散った者達も再びその力を振るい、そして大切な力は今を生きる英雄に託され、進化した英雄の力はまた新たな誰かへ託される。最高の悪を見せつけた邪竜、そんな彼を退け乗り越え、ウィルはどんな英雄としての道を歩むのか。次なる立ち塞がる敵とは。 次巻も楽しみである。2016/12/27

ナカショー

20
邪竜との戦い決着。邪竜との戦いは非常に手に汗握る展開でとても面白かったです。やっと出てきたヒロインは実は・・・・・・なのも面白かったですw龍の因子まで取り込んで益々人間離れしたウィルの今後の冒険譚が楽しみです。2017/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11263405

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。