声に出して読みたい日本語.2

個数:1
紙書籍版価格 ¥627
  • Kinoppy

声に出して読みたい日本語.2

  • 著者名:齋藤孝(教育学)
  • 価格 ¥627(本体¥570)
  • 草思社(2016/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794218001

ファイル: /

内容説明

もっと読みたいという圧倒的要望に応えて編まれた朗誦・暗誦のためのテキスト続篇。 名文名句を朗誦することで心身が鍛えられる!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

びっぐすとん

16
再読。詩、俳句、短歌、漢詩、歌の歌詞がメイン。元々詠唱したり、歌ったりするものだから、リズムが いい。漢詩の読み下し文が習ったのと違うなと思ったら詩吟バージョンなんてあるんだ。確かにこちらの方が日本語としてリズミカルだ。あとがきによると国語教育の改革に使命感を持たれているようで、読書に関する著作も多い(私も沢山読んだ)が、名文も名作も戦前止まりなんだよなあ。最近のものは評価に値しないのかしら。名作と万人の評価の定まったものだけって、無難だけど保守的だな。優等生的とも言える。日本語の新しさは感じられない。2020/07/27

ピオーネ

5
借りるのは「1」だけで良いかなぁ?って思ったんだけど、「2」の目次を見たら『三人吉三』を発見して結局一緒に借りてしまった。「こいつァ春から縁起がいいわぇ!」やっぱりわたし、黙阿弥の七五調が好きみたい☆あ、あとは弥次さん北さんの掛け合いの台詞とか、アレをすらすら読めるようになったらちょっと嬉しいかも。@図書館よりレンタル2012/05/12

メガネ

5
懐かしの漢詩あり、有名な文学作品あり、知ってはいるけれど全部は暗誦できない数え歌にいろはうた。 みんなリズムもいいし、味わいがある。 パート2が出ても尚収録し切れなかった作品が多々あるとか。 日本語ってすごいなぁ。2011/07/30

なお

3
12012/02/19

さわたり

3
合間合間に繰り返し繰り返し読みました。全部、暗唱できるまでじかんかかるな、こりゃ。引き続き、もっともっと読みたいです。2013/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2333433

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。