傘寿まり子(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

傘寿まり子(1)

  • 著者名:おざわゆき【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 講談社(2016/11発売)
  • 秋の夜長の読書応援!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/17)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063930740

ファイル: /

内容説明

ベテラン作家の幸田まり子は自分の家で息子夫婦、孫夫婦との間で住居問題が勃発。老人の自分には居場所がないことを感じ一人家出を決意。街中のネットカフェで暮らし始めるが……?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

131
80歳の女性の作家が主人公のコミック。これはお勧め。老いを取り巻く厳しい現状がしっかりと書き込まれているが、どこかユーモラスで優しく、読んでいると心が温かくなる。主人公のまり子先生はチャーミングな女性で、昔想いを寄せていた作家に出会うと頬を染めたりして、とてもキュートだ。捨て猫との出会いのエピソードが感動的。不細工なこの猫にまり子先生は深い絆を感じて、いったん動物病院に預けた後に自分で引き取ることを決意する。物語はまだ始まったばかりで、この後どうなるか予想がつかない。ぜひ2巻も読みたい。2017/12/13

扉のこちら側

111
2018年185冊め。傘寿のまり子が、4世帯同居の自宅に居場所はなくなったと感じ家でする話。現役作家として仕事があるからではあろうが行く当てもなく行動に移してしまうのに驚いた。ネットカフェ難民を脱して2巻へ。1巻は電子書籍無料で読了したが、続きが気になってしまう。2018/06/18

小梅

85
タイトル買い。思ってたのと少し違うかな…2巻以降は読むか微妙。2019/01/30

あーさん★スマホ新しくしたけど操作に苦戦中(¯―¯٥)

72
この年齢での生き方本。2019/09/30

えむ女

60
こんな高齢のヒロインのコミックがあったなんて。本屋さんで「話題の…」ってことだったのでとりあえず1巻目買った。現役作家のまり子も80歳という年齢には勝てない。事情があって家を出る。そしてなんと…。あと20年なんてすぐ来そう。もし生きてたらどんな80歳になってるんだろうか。不安でいっぱい。2017/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11194366

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。