死にたがりと雲雀(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥639
  • Kinoppy
  • Reader

死にたがりと雲雀(4)

  • 著者名:山中ヒコ【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 講談社(2016/09発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063808735

ファイル: /

内容説明

朽木(くちき)、過去にいわくありげな、一人の浪人。雲雀(ひばり)、家に居つかぬ父を待つ長屋の少女。朽木が荒れ寺に開いた寺子屋に雲雀が通いはじめ、二人は次第に心を通わせるように。しかし十年前の出来事が同心・細目(ほそめ)との因縁を生み、さらに朽木の過去が、雲雀との生活に終止符を打とうとしていた。そして雲雀に襲いかかる事件とは…!? 朽木が“死にたがり”と呼ばれる所以に迫る新章突入! 浪人と少女の行く末は――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くりり

55
朽木の壮絶な過去、「死にたがり」となった経緯は泣かずにはいられない。2017/06/14

nyaoko@キジトラ年だぞ🐈

48
細目と朽木の過去。朽木先生の過去、想像を超えて絶句。漫画だけど、胸に迫るものがあって本当に忘れられない巻。朽木は、死にたいと言う逃避ではなく、もう生きていられないと言う苦しみだった。2016/10/29

wata

46
そうか…育ててくれた筈のお祖母さんが…。幼い細目も大変な目にあいながら大人に。朽木もなんとつらい…。やっと養父に認められ幸せになれると思ったのに。2017/06/21

しましまこ

22
やっと先生の過去、コレも辛いよ。早く幸せにしてくれ~。2017/04/22

すみの

22
大好きだった兄・一之新を偏見を持たずに接してくれた朽木。天馬の知らない兄の思いを朽木から聞き、兄への想いを更に深くする。そして朽木が浪人となった経緯、『死にたがり』となった経緯が描かれている。一之新を尊敬していた彼、苦しい家計から藩校に通わせてくれた家族の恩に感謝していた彼、雲雀たち子供たちに優しい目を向ける彼だからこその辛い過去。朽木がそんな自分の罪を告白し始める。理不尽さとの闘い。2016/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11108629

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数5件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす