集英社コバルト文庫<br> 恋人たちのファンタジー・ヒストリカル 愛は英国妖精の呪いに導かれて

個数:1
紙書籍版価格 ¥572
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
恋人たちのファンタジー・ヒストリカル 愛は英国妖精の呪いに導かれて

  • ISBN:9784086016834

ファイル: /

内容説明

エリカは、貴族の子女には珍しい変わり者の理系女子。親の言いなりに結婚しようとしていた矢先、仮面舞踏会の席で、突然何者かにキスされてしまう。エリカの唇を奪ったのは、エリカの家と敵対しているウェントワース公爵の子息・ナイジェルだった。エリカの名誉を守るために偽装婚約することになった二人。正反対の性格の二人は次第に惹かれあうものの、家同士の対立は根深くて……!?

目次

第一章 出逢い
第二章 恋に落ちる
第三章 愛の妖精
エピローグ 妖精の旗のゆくえ
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さら

6
王道で甘く、読みやすかったです。個人的に、偽装婚約から始まる恋というシチュが大好きなので設定は美味しかったですし、自覚なく嫉妬してるナイジェルに思わずニヨニヨしました。ページ数が少なかったのでお話をもっと掘り下げたらよかったのではないかなぁと思います。このシリーズ大好きなので次巻も期待してます。2013/06/26

punto

5
かなりロマンティックな話で、ちょうど仕事に疲れている時に読んだので、とても面白かったです。ヒロインが研究者なので、特に仕事に燃えている時に読まなくて良かった(汗)。ヒーローが学会についてきて口説くシーンはさすがに現実に返ってしまい、『そんなことされたらかなり迷惑』と思ってしまいましたが(笑)、あえてロマンだけに突っ走って読みきりました。気づいたら英国執事についての前の巻を飛ばしていた模様。一話完結なので順番は問題ないはずなので今度読もう。2017/02/13

夜の女王

4
☆☆ 王道展開でハッピーエンドなのは良いのだけど、ナイジェルの親子関係や跡継ぎ問題などはどうなったの?恋が成就するだけならあんなにキャラクターを出す必要はないはず。あまりにも枝葉をはしょりすぎ。続きがあるのかな?あと、公爵令嬢が商売してるとか、一人でふらふら歩き回るとか、いろいろ突っ込みどころが満載2013/02/21

加那

4
王道展開だけれど、結構面白かったです。やはり誤解した辺りが山場?(笑)嫉妬しているのに自覚無いってアル意味凄いなーとニマニマしました。親父同士の遣り取りが良かった。きっと喧嘩しながらも妖精の祝福を受けて、関係が改善されるだろう両家の今後が楽しみ♪……てか、何故「妖精の呪い」?「祝福に導かれて」でいいと思うんだけれど??2013/01/01

ぽしょ

4
今回は学者ヒロインに傲慢な公爵跡取りヒーローのパターンで。ロミジュリだったり秘宝だったり妖精だったり商売してたり、これだけ設定詰め込んでるのにこのあっさり感がすごい。2012/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5556848

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。