集英社コバルト文庫<br> 三千寵愛在一身 雨降らす花

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
三千寵愛在一身 雨降らす花

  • ISBN:9784086014960

ファイル: /

内容説明

峻国で女官をしている鹿蓮姫。彼女は居心地の良い後宮で、日々、物語を書くなどして気ままに暮らしていた。そんなある日、物語を書いているところに、異国の青年が現れる。星流と名乗る金髪の青年は、訝しむ蓮姫をよそに、峻の文化についてあれこれと尋ねてくるように。後に、彼は水章国という小国の王子だと知るが、彼の故郷を想う気持ちに心を打たれ、蓮姫は強く惹かれるようになり…!?

目次

一 春陽の庭で
二 砂漠の国の公子
三 ふたつの願い事
四 恋心暗鬼
五 雨降らす花
六 星夜の逢瀬
七 明月別離
八 あなたの音色
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっち

17
1巻目と同じヒロインじゃないんだ!前巻で後宮に残りたいと宣言した女官・蓮姫がヒロイン。物語を書くので、若草物語のジョーっぽくて好きだけど、今度はお相手がだいぶん能天気。まんまと策略に乗せられてるけど、王が仕事面では残念すぎなくてよかった。この調子で毎回違うカップルが登場するのでしょうか?2017/04/01

本夜見

7
前半は『馬鹿か?!』とも思える程無邪気な異国の王子と 頑なな女官(清少納言っぽい??)の日常がダラダラ続くので少々かったるかったかも。王の暗殺未遂もすぐに犯人にピンと来てしまったら 案の定… 面白くないとは言わないが安易ではあるかもね。2013/05/04

さぁちぃ(積読本消化中…)

5
前作よりは読みやすくなってる、あと展開が定番なんで安心して読めた。後半までこれっていった事件が起きなくて、後半に事件が起きて駆け足展開。もうちょっと事件の解決部分とかゆっくりやっても良かったんじゃないかな。2013/03/10

chika

3
再読。シリーズの中ではこれが好き。2016/08/16

セナ★

3
★★★ ヒーローの清らかさや優しさは、正直に言って偽善とか臆病だとも思えた。ヒロインが可愛くて義理硬くて、いい子だったから最後まで読むことができたかな。この作家さんが書くネタやセンスが好きだからこれからも読むけど、このお話にはちょっとがっかり。2013/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2088239

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。