集英社コバルト文庫<br> 三千寵愛在一身

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
三千寵愛在一身

  • ISBN:9784086014595

ファイル: /

内容説明

呪われた出生のため、不遇な公子時代を過ごした理鷲。その後、冷酷な王となり、後宮のどんな女にも心を許さずにいた。その理鷲が、政略結婚で花嫁を迎えることになる。相手は、“月宮の天媛”と賞されるほどの美姫・桜霞。婚礼後も頑なな態度を崩さずにいた理鷲も、桜霞の風変わりな性格に触れるうち、次第に惹かれるように…。だが、後宮の罠が次々と桜霞を襲い!? 2010年度ロマン大賞受賞作!!

目次

一 忌まわしき花嫁
二 洞房華燭
三 美貌の宦官
四 月と桜桃
五 三千寵愛在一身
六 秋扇恋戀
七 炎の夜
八 我が後宮
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっち

23
はるおかりのさん追っかけ中。病弱の公主と、先王を倒して王になった夫…という割には甘々ラブラブの後宮もの。ヒロインがまっすぐすぎるけど、王の残念っぷりがかわいい。続けて次巻へ。2017/04/01

judy

10
…大賞かぁ…。雑誌選評を読みましたが、扱いに意見が割れたとか。ヒロインの妾口調にドン引きしつつも性格は可愛げがあった。でも、気鬱になった辺りから発言に矛盾が目立ち、どんどんイヤな女に…。著者が力を入れて書いたというヒロインにイラつき、丞相に頭があがらない色ボケ王もヒーローとしての魅力に欠けて残念。事件とヒロインのウルサい会話文で構成されてるので、心理描写が丁寧ならば見方が違ったかも…。後宮争いなど設定は面白かった。結末はご都合主義でなんだか微妙な感じ…。キャラ描写とは違和感があったけど挿絵は美麗でした。2011/08/13

本夜見

8
一番ウケたのは あとがきの『こんな王様に税金を払うのは嫌です』ってトコかな…確かに残念ヒーローでした(笑)ヒロイン桜霞の口調が読みにくい!!結構苦痛だったかも。2013/05/20

8
前半は面白かったと思います。勢いがあって、華やかで甘くて美味しい。でも、中盤辺りから国より后を重んじるヒーローや、言動がチグハグで我儘放題のヒロインに軽く殺意を覚えるくらいイラッ★としてしまったのはマイナスかもしれないです。なんとなく、こういう血生臭い話ではなくて、普通に可愛い恋愛を書かせた方が作者様の実力がフルに活用できるのではないかと思いました。レーベルに合わせるために、こういう展開にした感が否めないので、普通の恋愛なら読んでみたいなぁと思いました。2011/05/17

さつき

7
ツンデレ比1:9のヒーロー。ひたすら主人公に甘いか嫉妬するかのどっちかだったので、王として仕事してるところをもうちょっと見たかった。2010/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/637617

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。