胸さわぎの鴎外

個数:

胸さわぎの鴎外

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409160954
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C1095

出版社内容情報

古今東西の文学を縦横無尽に論じる、比較文学者西成彦による満を持しての?外論。戦時性暴力を静かに断罪する『鼠坂』、性欲処理に悩める男を描いた『舞姫』、民衆の語りを政治の語りに変えてみせた『山椒大夫』など、人間の身勝手さ、残酷さ、恥ずべき側面を、?外は見逃さない。魅力的な素材であったのだ。近代の申し子ともいうべき?外の冷徹なまなざしが明らかになる。その視線の下で恥じ入るべきは、レイプされた植民地の女や徴兵逃れの罪をおそれる移民の老婆ではなく、植民地帝国の男たち、そして恥を直視できない「腰砕け」のわれわれなのだ。

【著者紹介】
1955年生まれ。立命館大学先端総合学術研究科教授。専攻は、比較文学、元ポーランド文学。主な著書に『ラフカディオ・ハーンの耳』(岩波書店 1993年)、『イディッシュ‐移動文学論1』(作品社 1995年)、『ターミナルライフ 終末期の風景』(作品社 2011年)訳書に『ペインティッド・バード』(松籟社  2011年)『牛乳屋テヴィエ』(岩波文庫 2012年)などがある。

内容説明

古今東西の文学を縦横無尽に論じる、比較文学者西成彦による満を持しての鴎外論。

目次

1 鼠坂殺人事件ほか(鼠坂殺人事件―性暴力と「恥」について;老移民と皇太子―愛国心と「恥」について;『鼠坂』(森鴎外)
『籔の中』(後半)(芥川/龍之介))
2 性欲と石炭と植民地都市―『舞姫』再考
3 鴎外と漱石、そして百〓(けん)(鴎外と漱石―乃木希典の殉死をめぐる二つの文字;『三四郎』の下層;百〓(けん)と漱石、あるいは百〓(けん)の漱石
反=三四郎の東京)
4 『山椒大夫』における政治、あるいは宗教離れ

著者等紹介

西成彦[ニシマサヒコ]
1955年岡山県生まれ。兵庫県出身。東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化博士課程中退。熊本大学助教授を経て、立命館大学先端総合学術研究科教授。専門は比較文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。