富士見ファンタジア文庫<br> 空戦魔導士候補生の教官8〈電子特別版〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
空戦魔導士候補生の教官8〈電子特別版〉

  • ISBN:9784040704319

ファイル: /

内容説明

《ベベル》第一人工空島地下都市へ運ばれたカナタは、呪力の本来の持ち主エミリー・ウィットベルンと出逢う。そして――「エミリー・ウィットベルンを殺さなければ、貴方は死ぬことになります」と告げられて――!? 〈電子特別版〉として、6・7巻カバーの文字なし〈完全イラストバージョン〉を特別収録!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

42
狂乱に陥ったカナタは、人類共生派の人型魔甲蟲を率いる教皇陛下の治めるベベルの地下都市に移送される。そして、己に眠る呪力の核であった歴戦の人型魔甲蟲の少女エミリーと邂逅するが、彼女の寿命は残り僅かで…。カナタの力の正体や人類の殲滅と従属を狙うぜス一派の暗躍等、作中の根幹の秘密も明かされて緊迫感が増す中、教官を休業して生きる事を放棄するエミリーに生の執着を思い出させようと懸命なカナタがかっこいい。主人公達の本拠地に敵幹部がガッツリ乗り込んでくる展開が大好物なので、キルスティとの全力衝突はかなり楽しく読めました2020/02/15

よっち

27
狂乱に陥り教皇の地下都市に運ばれたカナタが、過去に自分に救ってくれた呪力の源・エミリーと邂逅し、三日以内に彼女をを殺さなければ自分が死ぬことになると告げられる第八弾。二択というよりもうそうするしかないと告げられ、エミリー自身も諦め気味な状況でしたけど、そこで安直に選ばずにまずエミリーの思いがどこにあるのかを探るあたりは、とてもカナタらしい選択でしたね。ぶつかりあったからこそ失わずにいられたこともあって、今回は大きな力を得ていい感じに収まりましたけど、ここからどういう展開になっていくのか、次巻が楽しみです。2015/10/21

ナカショー

25
カナタがミソラ達を放ったらかして1人強くなった第8巻。カナタに宿っていた呪力の本来の持ち主のエミリーを3日以内に殺さないと死ぬという運命を目の当たりにしても、それを素直に受け入れないところがカナタクオリティ。きちんとエミリーと向き合いしかも、メッチャパワーアップを果たしているから凄いですよねw次巻はE601小隊の活躍が見れるということで、次巻も楽しみです。2015/12/26

晦夢

13
主人公回とでも言うような少し番外編の様な感じ。教皇陛下のつくる隠れ都市に匿われたカナタはそこで自分の力の元と相対する。教え子をほっぽって強くなる回。しかしこのカナタは所々でイラッとするな。次巻はミソラたちの戦いが見れそうで楽しみ。2015/10/30

ツバサ

13
今回はこの作品の根幹となるものを説明してた。カナタ目線で終始進んでたからなんだか新鮮だった、今まではE601小隊がメインだったから。やっぱり裏の事情はカナタが担当するのかね。あとエミリーを殺さずに生かしたのはカナタらしいやり方で納得した、エミリーが可愛すぎるから是非ヒロイン候補に名乗り上げてほしいな。次巻はカナタ不在中のE601小隊の話だから楽しみ。2015/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9855833

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。