角川コミックス・エース<br> ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe 1st(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

角川コミックス・エース
ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのはThe 1st(4)

  • ISBN:9784041033456

ファイル: /

内容説明

「魔法少女リリカルなのは」の最初の物語を、詳細に描く「なのはThe1st」待望の第4巻。フェイトとその母・プレシアの悲しい過去が明らかに! そして時空管理局の本格参戦で、物語が一気に動きだす!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

北白川にゃんこ

4
時空管理局。なんと傲慢なのだろう。2020/07/19

航輝

3
リニス&フェイト誕生の話から始まってプレシアがジュエルシードを必要とする具体的な理由が分かった巻 なのはも決断し、管理局メンバーも登場 いよいよ始まる感じが ユーノはまだなのはに姿見せてなかったっけ?2015/07/26

東西

2
アニメだとただの悪役なプレシアの掘り下げ そして、アニメだと行動理由がわからんなのはの掘り下げ 今更何をコミカライズと思ってましたが、とてもいいコミカライズですね2016/07/10

のらねこ

2
リニスとプレシアの会話など、アニメ版から保管された要素で各陣営の心情が分かりやすくなっている。自分の目的が無理だと分かっててもやるしかないと、とことん思い詰めちゃってるプレシアを止められるとしたら、離婚した旦那さんくらいだったのかもしれない。なのはが救いたいのもフェイトであって、彼女の親子関係や確執の解消が目的ではない以上、結末は変わりようがないのだなあとも実感。2015/08/09

みゃむ

1
プレシアの気持ちを補完。アニメでは描けないところを補完してくれて、なかなかのクオリティになってる。物語は中盤。これからクライマックスに向けて盛り上がっていくはず。2015/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9779486

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。