角川コミックス・エース<br> おおかみこどもの雨と雪(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川コミックス・エース
おおかみこどもの雨と雪(3)

  • ISBN:9784041207710

ファイル: /

内容説明

花との約束を守れず、人前でおおかみに変身してしまった雪。学校に通わず、山に惹かれてゆく雨。大人への階段を踏み出した二人の、それぞれの選択は? 親と子の13年間を描ききる、大感動の最終巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うーさーむーん

18
完結!ストーリー知ってても感動のラスト。いいコミカライズでした!短いけどPSがあったのも良かった(*´ω`*)2013/09/06

紙飛行機

15
しんみりと泣けます。お父さんの言葉。自分の世界を見つけたんだ。あっと言う間だよね。生まれて、生まれる前から喜んだり怒ったり泣いたり笑ったり。なにもしてあげてないって叫んだお母さんの気持ち。心にチクリときます。でも子どもは前に自らの足で進んで行くんだ。長く果てしなく短くあっと言う間、この数十年は密度が濃い。あぁお母さん、本当に頑張ったよ。2013/09/07

水月

14
映画も観ましたが、映画と同じく静かに泣きました。雪と雨が選んだ道が「正しい」のかはわからない。でも、それぞれがきちんと考えた結果だから「よかった」と思う/私の勝手な考えですが、狼男の「彼」の名前は「陸」だと思う。花に常に寄り添って子供たちをありのままに受入れて…陸のイメージがスゴく強いです。2013/09/06

ひこぼし

11
最終巻。原作視聴済み。優しく暖かい絵柄。そして優れた原作。いい作品でした。2013/09/14

獣狼ZAKI

10
あれほど雨は狼を嫌っていたのに…だけど現実をみて感じたとったもの……温かく、儚く泣けてしまう。いい物語でした。どちらも選べるんだ、人間か狼かを…それぞれ別の道に歩んでいく為に……。日本狼…本当はまだどこかで生きている事を願う。素晴らしい作品でした。2013/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7139278

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。